大屋地爵士のJAZZYな生活

朽ちてゆく木 芽生えてくる木

b0102572_1752132.jpg
b0102572_1753361.jpg

 台風通過後の山仕事は、森、観察路の被害のチェック、強風による折損木の片付けから始まる。一通りチェックをしながら、山頂まで登り、短時間ではあるが間伐を行う。最近の伐採ですっかり明るくなった地面には、これは「ソヨゴ(冬青)」でしょうか、いろいろな幼木が芽生え出している。朽ちてゆく木、芽生える木。目立たないが、山の木々の世代交代も着実に進んでいる。我々の活動が、そんな手助けに多少でもなれば ・・・。

 今宵は、わがJAZZミューズだった?、「ダイアナ・クラール/Diana Krall」。曲は、「ビリー・ジョエル/Billy Joel」の大ヒット曲、「素顔のままで/Just The Way You Are」。

b0102572_1332726.jpg
  
 1964年、カナダ生まれの女性ジャズ・ピアニスト、歌手。1990年代以降に最も成功したジャズ歌手の一人と言われている。15歳の時、レストランでピアノ演奏を始め、17歳になってからは奨学金を得て、ボストンにあるバークリー音楽大学に入学、卒業した。 バークリー音楽学院では、同級生に「小曽根真」がいたという。

 デビュー・アルバムは、「ステッピング・アウト/Stepping Out」。サード・アルバム、「オール・フォー・ユー~ナット・キング・コール・トリオに捧ぐ/All for You: A Dedication to the Nat King Cole Trio」(1996年)は、グラミー賞にノミネートされ、また70週間もの間、ビルボード誌のジャズ・チャートに上がっていたという。「ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ/When I Look In Your Eyes」(1999年)では「ジョニー・マンデル/Johnny Mandel」によるオーケストラ・アレンジのバックもあり、再度グラミー賞にノミネートされ、クラールはその年の最優秀ジャズミュージシャンとして表彰された。2001年9月にクラールはワールドツアーを開始し、フランス・パリのパリ・オリンピア劇場でのライブは彼女の初めてのライブ・アルバムとしてリリースされた。これにより彼女は二つ目のグラミー賞(最優秀ジャズボーカル)を受賞したのだ。

 2003年12月にイギリス生まれのロック・ミュージシャン、「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」と結婚し、ファンを落胆させた。2006年12月には双子の男の子を出産し、一時音楽活動を休止したが復活した。しかし、その頃から、私は、なにか彼女が方向を見失っているようで、リリースされたアルバムに物足りなさを感じて遠ざかっていた。若手への世代交代か、と思っていたが、しかし、今年に入っての、アルバム「Turn Up the Quiet」のリリース。「やっとダイアナが帰ってきた」と安堵の胸をなでおろしたものである。

 ダイアナが最も輝いていた時代のアルバム、「ライヴ・イン・パリ/Live In Paris」(2002)から。

ライヴ・イン・パリ

ダイアナ・クラール / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Diana Krall - Just the way you are」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-25 13:07 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

ふぞろいの果実たち

b0102572_21192377.jpg
b0102572_1647557.jpg

 玄関先の鉢に植えてある「カマツカ(鎌柄)」に真赤な実がついている。そして、「イチジク(無花果)」にも。「イチジク」はわが町、川西市の特産品でもあるので、今年の夏に鉢を買い求めたもの。この時期が旬で、店頭で売られているものより、不揃いで、相当小ぶりではあるが、このところ続けて食卓にあがっている。

b0102572_21194869.jpg

 こちらはご近所の庭先。食用にはあまり適さないが、その不揃いさがかえってユーモラスな、「カリン(花梨、榠樝)」。

b0102572_13272294.jpg

 今から30年ぐらい前であろうか、「ふぞろいの林檎たち」という人気のTVドラマがあり、その主題歌が、あの「いとしのエリー」であった。その「いとしのエリー」をジャズ・アレンジで最初にカバーしたのは誰であろうか。私の知っている限り、「金子晴美」ではないかと思う。全編「サザン・オールスターズ」のジャズ・カバー・アルバム、「スペシャル・メニュー/Special Menu」(1983)(後に「いとしのエリー」のタイトルで再発された)のタイトルでリリースされたアルバムに、「My Love So Sweet」というタイトルで収録されている。これほど桑田の曲がJAZZにアレンジするとすばらしいとはと驚いた記憶がある。その後、「レイ・チャールス/Ray Charles」が、「Ellie My Love」というタイトルでとりあげ、ヒットするのはずっと後のことである。

いとしのエリー
金子晴美 / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005FEJT

 ライブから、「My Love So Sweet(いとしのエリー)」を。「What a wonderful world」、「Cute」を続けて ・・・。

「金子晴美 - いとしのエリー/My Love So Sweet」

          

 そして、もうひとりは、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」。アルバム、「Heart First」(2011)で「Ellie My Love」を取り上げてる。

 ハスキーでありながら、漂う透明感、独特のファルセットにこめられた情感、セクシーで、美人で歌がうまく、ハスキー。そのうえ彼女の独自の世界の心地のよさ。爺い御用達の条件に全て合格。花丸印をあげてもいいくらいでしょう。

ハート・ファースト

ヘイリー・ロレン / ビクターエンタテインメント



「Halie Loren - Ellie, My Love」

          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-23 13:36 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

あの頃は裸足のままだった

b0102572_21233627.jpg

 近くの小学校で運動会の練習が始まった。少子化の流れの中で、近くの小学校と統合化の計画も出ている小学校だが、子供たちは元気いっぱい跳ね回っている。私が小学生だった頃、60年以上も前のことである。娯楽のなかった時代。学校の運動会だけでなく、地域、町内会の運動会もあって、生活用品なんかが賞品としてもらえた。

 戦後間もないことで、スニーカーなんて洒落たものはなく、布製のズック靴を履いていた。それも大事に履いていたから、遊ぶときはむしろ裸足、あるいは下駄のことが多かったと思う。革靴を買ってもらったのは、たしか大学入学の時であったと記憶している。今では、ウォーキング、ボランティア作業等にスニーカーは欠かせないものになっているが ・・・。

b0102572_22204470.jpg

 さて、今宵の曲、AOR界を代表するヴォーカリストとして、一時期大変な人気のあった、「マイケル・フランクス/Michael Franks」の曲から、「Barefoot On The Beach」。同名のタイトルのアルバム(1999)からです。


【 Barefoot On The Beach 】 Lyrics by Michael Franks / Music by Charles Blenzig

「♪ Barefoot on the beach     裸足でビーチを歩く
  Warmed by the subtropic sun  南国みたいな太陽に暖められいる
  Easily seduced - I'm in     すぐに虜になってしまった
  Safely out of reach        ファックスや電話も
  From faxes and the telephone   届かない
  I get happy when         イルカが一緒に泳いでくれたら
  A dolphin joins me for a swim    最高に幸せさ

  ・・・・・・・・・・・・・・・

  Barefoot on the beach      裸足でビーチを歩く
  The Gulf invites me to get wet  入江が僕を海で泳ぐように誘っている
  Is it green or blue? I'm in     緑なの青なの
  Perfect as a peach         ピーチのような女の子のようにパーフェクト
  Please send yourself to me by jet  ジェットに乗って飛んでおいで
  Make me happy when        君が着いて、一緒に二人で泳いだら
  Your flight arrives and we dive in   最高に幸せになれるさ   ♪」


b0102572_21334650.jpg
   
Barefoot on the Beach/Michael Franks
Windham Hill Records



「Michael Franks - Barefoot On The Beach」

          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-22 09:40 | サウダージ | Trackback | Comments(0)

秋に鳴く虫 冬支度をする虫

b0102572_9501412.jpg

 夕刻、「スズムシ(鈴虫)」か「マツムシ(松虫)」だろう、一段と大きく虫の音が聞こえる。例年より鳴く虫の数が多いと感じるのは、妻が今年領域を大幅に広げた家庭菜園と無関係ではないだろう。ビールを飲みながら、虫の音に耳を傾ける。秋の風情 ・・・。

 写真は、「ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)」か、単独行動だが、「オンブバッタ(負飛蝗)」のオスか。例年通りいつもの秋のお客さんが姿を見せてくれた。

b0102572_9502961.jpg

 ウォーキングの途中、「ギョッ」と声がして、妻が後ずさりをする。目の前に桜の枝から「ミノムシ(蓑虫)」だろうか、よく似た虫がぶら下がり、風に大きく揺れている。こちらはもう冬支度だろうか?

b0102572_20483584.jpg

 今宵の歌姫は、「スーザン・トボックマン/Susan Tobocman」。パソコンを整理していたら気がついた。たしか当時、配信からしか入手の手立てがなく、ダウンロードしたアルバムだが、パソコンのファイルの中に埋もれていた。たしか、「寺島靖国」氏も「うますぎる」と絶賛の歌手だった。「Live In Detroit With The Cliff Monear Trio」(2012)から。


b0102572_23171152.jpg

Live In Detroit With The Cliff Monear Trio
Susan Tobocman /MP3 ダウンロード



  
 「クリフ・モネア・トリオ/The Cliff Monear Trio」をバックに迎えたデトロイトでのライブ・アルバムから。前回も紹介した「Wild Is The Wind」がお気に入りだが、アップされていないので、「I Never Meant To Dream Of You」を ・・・。 

「I Never Meant To Dream Of You ー Susan Tobocman」

          

 「クリフ・モネア・トリオ」とのライブの映像がいくつかアップされています。その中から、これもご存知、「Sting」の「フラジャイル/Fragile」を ・・・。

「The Fragile - Susan Tobocman」

          

  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-21 16:52 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

My way ただ自分らしく

b0102572_1157199.jpg

 「黒田 卓也」という兵庫県出身のジャズ・トランペッターがいる。2014年に日本人として初めてブルーノート・レコードと専属契約を結んだジャズ・プレイヤーである。NHKの関西ローカル番組の「かんさい熱視線」では、16日、彼の特集、「My way ただ自分らしく」を放映していた。

 1980年、兵庫県芦屋市に生まれる。中学・高校に入学するとトランペットをはじめ、大学を卒業するまでビッグバンドに所属していた。大学在学中に20歳で「バークリー音楽大学」へ短期留学。2003年に渡米してニューヨークの「ニュースクール大学」ジャズ科に進学、2006年に同大学を卒業した。当初は手練ぞろいのNYのジャズメンに気後れして、どのような個性やテクニックを磨いたらいいのか、相当に悩んだという。

b0102572_13571637.jpg

 あるとき、教会でゴスペルに出会い、ジャズの枠にとらわれず、ゴスペル、ファンク、ヒップホップ、ラテンなど様々なジャンルの音楽と関わるようになっていった。卒業後さらに演奏テクニックを磨くために、「ローリー・フリンク/Laurie Frink」に師事する傍ら、演奏活動を通じて「ホセ・ジェイムズ/José James」と親交を深め、彼のアルバム「Blackmagic」(2010年)の演奏にも参加した。この頃から、頭角を現し、ホセが黒田を「ブルーノート・レコード」に紹介したのを契機に、黒田は同社と契約、ホセのプロデュースでアルバム「ライジング・サン」(2014)でブルーノート・デビューが決まった。

 アルバム・タイトル、「ライジング・サン/Rising Son」には、「日出ずる国、日本からやってきたジャズ・マン」という気概を込めたと黒田は語る。

 久しぶりに観たジャズのドキュメンタリー、久しく遠ざかっているNYジャズの今。NYジャズへの私の関心を再びかきたてる、NHKローカルにしては、刺激的な番組であった。

b0102572_13234522.png
  
ライジング・サン/黒田 卓也
ユニバーサル・ミュージック




「Takuya Kuroda - Rising Son」

          

 フル・アルバムも。

「Takuya Kuroda - Rising Son (Full Album) 」

          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-20 09:25 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

山からの見晴らしと森の明るさを取り戻す

b0102572_10514344.jpg
b0102572_10522677.jpg

 ここ2ヶ月ほど続けていた山頂付近の間伐。すっかり明るくなって、見通しが利くようになった。地面に陽が届くようになったため、幼木も芽生え出すでしょう。2枚目の写真のように、森の明暗がはっきりし、伐採の効果は一目瞭然。視線のその先に見えるようになったのは、一生懸命に間伐作業をしている写真の仲間が住んでいる団地。自分の住んでいるところが山頂から見渡せるようにしたい。そんな彼の単純な思いが、山からの見晴らしと森の明るさを取り戻す。

 秋、青空、吹き上がってくる風の爽やかさ、作業後のコーヒーの旨さ。そんなことに喜びを感じるための山作業といってもいいかもしれない。さすれば、この山とボランティアは、天然の癒しのカフェなのかも知れない。

b0102572_23134078.jpg

 さて、今宵は「バリー・マニロウ/Barry Manilow」のJazzyなアルバム、「2:00 A.M. Paradise Cafe」(1984)からの一曲。「パラダイス・カフェ/Paradise Cafe」。

 「バリー・マニロウ」。1943年生まれ。私たちと同世代で、「コパカバーナ/Copacabana」という大ヒット曲をもつアメリカのポピュラー音楽の歌手、ピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー。この歌は、1984年ポピュラー畑の彼にしてはJAZZ・ブルース色の濃厚な、全曲オリジナルで構成されたアルバム、「2:00 AM Paradise Cafe」に収録されている。これからの秋の夜長、グラスを傾けながらゆったり聴くにはぴったりの一枚であろう。まるでNYあたりの小さなJAZZクラブの片隅に居るような気分に浸れる極上のジャズ・バラード・アルバム。

【 Paradise Cafe 】  
           music: Barry Manilow; Lyrics: Bruce Sussman and Jack Feldman

「♪ The night is new     日が変わっても
  The faces are friendly   おなじみの顔のフレンドリーな仲間たち
  So have a few       もうちょっと飲んだら
  And let me play       演奏を始めようか
  Some new songs, some blue songs あたらしい歌を覚えたんだ ちょっとブルーな歌をね
  The mood is always right  いつもいいムードだね この店は
  Every night at the Paradise Cafe 毎晩 パラダイス・カフェで

  The world outside       店の外では
  May make its own madness  馬鹿をさらけ出しても
  But here we hide        ここに隠れてしまえば
  The world away         そんな世界とは無縁さ
  No headlines, no deadlines   大事件や締め切りに右往左往することもなく
  We'll make them disappear   そんなものは何処かへやってしまおう
  While you're here at the Paradise Cafe 君がこのパラダイス・カフェにいる間はね 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・

  Just me and you around the piano    君と僕、ピアノのそばでふたりっきり
  Not much to do but dream away     夢だけを見ながら過ごす
  So stay on I'll play on          そのままでいて、僕が演奏する間は
  I'm all yours for a song         演奏する歌はすべて君に捧げるから
  All night long at the Paradise Cafe    一晩中ずっとこのパラダイス・カフェで
  All night long at the Paradise Cafe    一晩中ずっとこのパラダイス・カフェで ♪」


2:00 Am Paradise Cafe

Barry Manilow / Sbme Special Mkts.



「Paradise Cafe」と「Where Have You Gone」の2曲を続けて。

「Barry Manilow - Paradise Cafe and Where Have You Gone?」

          
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-19 09:11 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

台風のような ・・・

b0102572_2250413.jpg

 雨戸を閉め、ベランダや家の周辺のものが飛ばされないよう、一応は準備をした。夜8時ころから相当に雨風が激しくなってきた。そして、10時ころ、台風18号は明石付近に上陸したと報じている。大河ドラマを観たあとは特にすることもないので、あたらしい電脳鉄馬には、USBのポートがつている。すなわちUSBメモリーに曲を入れておけば、車の中で聴けるのである。それを利用しない手はないと、台風そっちのけでお気に入りのCDをUSBに溜め込んでいた。大型台風の直撃コースにあたっていたが、ほとんど何もなく過ぎ去っていった。台風一過、新しきメディアでJAZZを聴きながらドライブをしようか。

b0102572_012663.jpg

 今宵の曲、ちょっと台風らしく、ご贔屓のR&Bシンガー、「ランディ・クロフォード/Randy Crawford」の歌う「Wild Is The Wind」。アルバムは、「Play Mode」(2000)

 「ランディ・クロフォード」。1952年ジョージア州生まれ。彼女を一躍有名にしたのは、1970年代に人気のジャズ・グループであった、「ザ・クルセイダーズ/The Crusaders」とともに、「Street Life」(1979)を大ヒットさせたことである。そして、「クルセイダーズ」のメンバー、今は亡き「ジョー・サンプル/Joe Sample」とのコラボ・アルバム、「Feeling Good」(2007)は私の愛聴盤となっている。

 「Wild Is The Wind」は、「ディミトリー・ティオムキン/Dimitri Tiomkin」と「ネッド・ワシントン/Ned Washington」によって書かれ、1957年の映画、「Wild Is The Wind(邦題:野生の息吹き)」の主題歌として、「ジョニー・マティス/Johnny Mathis」によって歌われたという。その後、「ニーナ・シモン/Nina Simone」、「デヴィッド・ボウイ/David Bowie」など多くの歌手によってカバーされている。

【 Wild Is the Wind 】  by Dimitri Tiomkin and Ned Washington

「♪ Love me, love me, love me, love me, 愛してくれ、愛してくれ
    say you do             愛していると言ってくれ
  Let me fly away with you        君とともにここから飛び立たせてくれ
  For my love is like the wind,       私の愛はあの風のよう
  and wild is the wind           荒々しく吹きすさぶ風のよう
  Wild is the wind             荒々しく吹きすさぶ風ようだから

  Give me more than one caress     もうちょっと僕の方を向いて
    satisfy this hungriness        この渇きを満たしてくれ
  Let the wind blow through your heart   風に僕の心を乗せて君の心まで届けよう
  Oh wild is the wind, wild is the wind   荒々しく吹きすさぶ風に乗せて

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_2316597.jpg
Play Mode/Randy Crawford
Wea International



台風のような恋心を歌った「Wild Is The Wind」。
  
「Randy Crawford - Wild Is The Wind」

          
  


  
[PR]
# by knakano0311 | 2017-09-18 07:25 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)