大屋地爵士のJAZZYな生活

ご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~

b0102572_2363116.jpg
(写真;岡本太郎氏デザインの「太陽の塔」はいまだ健在。訪れる人に大阪万博の頃の日本が持っていた熱気やエネルギー、明日への期待を思い起こさせる)

車の車検のため近くのディーラーへ行った帰り、大阪では桜の名所でもある万博記念公園へ寄ってみた。ここは、1970年(昭和45年)に開かれたあの「大阪万国博覧会」の跡地で、総敷地面積は264ヘクタール、甲子園球場の約65倍の広さに及ぶ広大な公園である。あの万博から来年でもう40年になるんですね。私も歳をとるわけだ・・・。入社したのが1969年、関西の電機メーカを就職先に選んだ理由の一つに、「次の年に万博が開催される」という、いささかいい加減な動機もあったのだが、会社のレクやら個人の遊びも含めて4,5回は行ったでしょうか。私にとっても、多分団塊の世代の皆さんにとっても、「大阪万博」は思い出のビッグ・イベントだったと思います。そして、万博公園の脇を走るモノレールが開通してからは、毎日の通勤路でもあった。「太陽の塔」のあの金色に輝く顔、公園の四季の移ろい。毎朝、定年退職してからは、この3月まで顧問づとめの週3日、それを見ながら会社へ通った。万博公園は私のサラリーマンとしての軌跡にも重なる。

その万博公園の自然文化園、日本庭園はいま桜が満開の「櫻祭り」。説明無用の櫻づくし。多くの人がそれぞれの櫻の楽しみ方を満喫。こんなご近所に桜の名所があったと、改めて認識しました。

b0102572_23873.jpgb0102572_2383413.jpg







b0102572_2385685.jpgb0102572_239294.jpg







b0102572_23103485.jpgb0102572_23143739.jpg








そしてAmazonからこんなCDのおすすめのEメールが届いていた。アルバム・タイトルは「sakura flavor」。

『大ヒットを記録した「さくら」、「桜」、「SAKURA」等タイトルに「さくら」を冠するJ-POP曲でカバー・アルバムを制作。誰もが一度は耳にした事のある楽曲ばかりを収録し、・・・家やドライブ、カフェでも聴けるボッサやレゲエまで取り込んだ本物感あふれる強い音楽性を兼ね備えながらも、オシャレで聴きやすいアレンジに仕上げた、この春最重要のカバー・アルバムが誕生!!』

sakura flavor

Jazzin’park / BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)



「Jazzin' Park - 桜色舞うころ(中島美嘉)」

           
[PR]
by knakano0311 | 2009-04-10 17:56 | おやじの遠足・街歩き | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/10687867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 高速道路料金1000円 at 2009-04-11 19:04
タイトル : 高速道路料金1000円
コムサイズムの子供服や通販・バーゲンセール情報など。コムサイズム大好き主婦の日記。... more
Tracked from 知ってて損はない「就職・.. at 2009-04-12 08:08
タイトル : 知ってて損はない「就職・バイト」のあれこれ
知ってて損はない「就職・バイト」のあれこれ... more
<< 櫻狂い(1) ~西行櫻~ 切り絵展/杉本好夫の世界 >>