大屋地爵士のJAZZYな生活

ライフスタイル・ウォーキング

b0102572_16445243.jpg(散歩道にある風景、ピラカンサの紅い実と未だに咲く朝顔が同居)

3年ほど前、定年後の日も浅いある日、鼠けい部に違和感を感じた私はリンパ線系の疾患を疑い、検査結果を聞きに病院へいった。リンパ腺は別段なにもなかったが、糖尿病であるといわれた。血糖値が約200、ヘモグロビンA1C値は8.3ほどに上がっていたのだ。会社の検診では糖尿は指摘されていたものの、それほどひどくなかったのだが、色々な理由で跳ね上がったようである。それがきっかけとなって、同じようにダイエットをしたいと願っていた妻とのウォーキングを開始したのだ。以来、3年間を超え、雨やよんどころない用事がない限り、ほぼ毎日1時間程度歩いている。当時MAX96kgあった体重も20kg減り、ヘモグロビンA1C値も基準値を0.1オバーの5.9程度に保つことができている。そして何より歩くことがすっかり楽しくなったのだ。

そんな、楽しみながらウォーキングができるようになりたいと始めたときに読んだ本で、今でも参考にしている本がある。医学博士で日本ウォーキング協会副会長でもある泉嗣彦氏の著書「医師がすすめるウオーキング」。そこには歩くのが楽しくなるヒントとして「ライフスタイル・ウォーキング」が薦められている。生活にウォーキングが定着するように、「好きなことを歩くこととを結びつける」という考え方。「花や樹木を見て歩く」、「森や里山を歩く」、「街道を歩く」、「建築を見て歩く」、「ショッピングセンターを歩く」、「写真を撮って歩く」、「出会った人と知り合いになる」・・・などたくさんのヒントが紹介されている。このブログの読者ならお分かりのように、私はそのススメを実践しては、「おやじの遠足・街歩き」などのブログにまとめているのである。

医師がすすめるウオーキング (集英社新書)

泉 嗣彦 / 集英社



b0102572_15465692.jpg
さて、今週は天気が下り坂になると聞き、天気のいいうちに秋のウォーキングを楽しみたいとやってきたのは、まず宝塚・西谷の森公園。ここは丸ごと里山一山が自然観察公園になっているお気に入りの場所。色づいた紅葉を映すため池の脇をとおり、木漏れ日と紅葉がおりなす色鮮やかな木立の中、頂の展望台を目指すこと1.2km、30分、360度展望が開ける。眼下に広がる里の風景に懐かしさを感じる。用意した弁当を食べ、どんぐりをひろって本日のウォーキングは完了。

b0102572_15501830.jpg
そして、次の日は万博公園。いわずと知れた1970年大阪万博の跡地の広大な公園。日曜日とあって家族連れも多く、かってのお祭り広場ではフリーマーケットなどが開催。紅葉の渓谷、コスモス満開の花広場、日本庭園など約1時間半ちょっとのコース。来年は大阪万博から40周年、その跡地を再開発したこの公園は、誰もが楽しめるいい公園になった。

b0102572_1553932.jpg
園内の池には、10数人のシニアがリモコンボートを浮かべて楽しんでいた。聞くとシニアたちのモデル・シップ・クラブで、1/32スケールのモデルシップを月に2回、公園の池を借りてはしらせているそうだ。色々な船があるが、いずれもアルコール・エンジン搭載、80cmほどの大きさ。イギリスのタグボートを走らせていた方に聞くと、エンジンを作るメーカーは日本ではもうたった一つしか残っていないそうだ。そして船体はすべて自作、製作に半年ほどかかかり、費用も30万ほどかかるそうである。キング・オブ・ホビーというところか・・・。
「いい趣味ですね」というと、「ほめてくれるのはギャラリーばかり。奥さんなんて、それはもう、ぼろくそですわ」と、70歳になるという先達は「かっかっかっ」と少年のような顔で笑った。

こんな穏やかな日に聴くアルバムとして、「カーペンターズ/The Carpenters」の「Now & Then」などどうだろうか。オリジナルのLP盤が発売されたのは1973年であった。 「Sing」、「Yesterday Once More」、「Fun, Fun, Fun」、「Our Day Will Come」 「One Fine Day」 など 時代や世代を越えて、多くの人々に愛され続けている歌が収録されている。

Now & Then

The Carpenters / Universal



「The carpenters - Sing a Song」

          
[PR]
by knakano0311 | 2009-11-11 09:29 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/12285832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 紅葉の贅沢、心の贅沢 読むジャズ(8) ~JAZZピ... >>