大屋地爵士のJAZZYな生活

五人囃子の笛太鼓・・・

b0102572_2301056.jpg

旧暦の「雛祭り」。素封家が江戸時代の豪農の屋敷を模して、昭和の初期に建てた屋敷をそのまま利用した隣町猪名川町の多目的文化施設「靜思館」では、この地方の旧家が所有していた「雛人形」を、毎年この時期に展示している。いってみて驚いた。一体何体の、何組のお雛様があるのだろうか。座敷、縁側、蔵、台所、茶室・・いたるところに旧家から寄贈された雛人形が飾ってある。昔の人はこのような慣わしを大事にして暮していたのだという事を改めて感じた。お内裏様のお顔は皆、面長のすこしレトロな顔立ちで、たんすや駕籠などの調度品の細工も見事である。私の子供は男ばかりだったので、雛人形を飾ることがなかったのですっかり見入ってしまった。

b0102572_23281499.jpg

そして地元の愛好家の琴の演奏や手芸の展示も・・・。土産は地元の名物「丁稚ようかん」と「猪肉はるさめ」、「よもぎもち」。こんなささやかなイベントでも多くの人が集まり、多少の経済効果もあるのだ。この地域の旧家に、多分そのままだったら死蔵されたままだったと思われる多くの雛人形に陽の目をあてることによって人が集まったように、地域の活性化は、その土地に暮す人は格別とは思わないが、よそから見ると、極めて特徴のある歴史、慣わし、祭り、くらし、食文化といったその土地に根ざしたもの、大事にしてきたものをもう一度見つめなおし、他地域にはない独自性、その土地の「誇り」といってもいいかもしれないものをまず見出すことなのかもしれない。


ソロ、デュオ、トリオ、カルテット、に続いてひな壇を飾る五人囃子は「クインテット」。「ジャズ・クインテット」といえば、80年~90年代にかけて夢中になったJAZZコンボが「マンハッタン・ジャズ・クインテット」であった。50年~60年にかけてJAZZ界の主流であったハードバップ、ファンキーを新しい感覚で80年代に再現し、圧倒的な支持を受けたJAZZクインテットが「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet (MJQ)」である。  

84年に「デビッド・マシューズ(p)」をリーダーとし、ルー・ソロフ(tp)、ジョージ・ヤング(ts)、チャーネット・モフィット(b)、スティーヴ・ガッド(ds)というメンバーで衝撃デビューした。わたしが聞いて衝撃を受けたアルバムは第2作「枯葉」。青春時代JAZZに夢中になったが、就職、結婚、家庭としばらくJAZZから離れていた時期に聴いたこのアルバムに青春時代が甦り、再びJAZZを聴くきっかけとなったのである。

枯葉

マンハッタン・ジャズ・クインテットキングレコード



団塊の世代にとって懐かしいJAZZナンバーが聴けるベストアルバムはこれ。「枯葉」、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン 」、「ザ・サイドワインダー」、 「モーニン」、 「キャラヴァン」 、「テイク・ファイヴ」 「ソング・フォー・マイ・ファーザー」・・・・。曲名を聴いただけでそわそわしてきませんか?

SINCE 1984

マンハッタン・ジャズ・クインテット / テイチク



最近MJQのジャケットには、団塊世代のオジサン狙いの脚ジャケが多いのだが、この脚ジャケは、久々の「美脚ジャケ」としておすすめ。「危険な関係のブルース」、「モーニン」、「ブルース・マーチ」などA.ブレーキーをトリビュートするの垂涎ナンバーが一杯・・・。

25-アート・ブレイキー・トリビュート-

マンハッタン・ジャズ・クインテット / スリーディーシステム



聴いてみますか? 「Manhattan Jazz Quintet」の「The Sidewinder」。
メンバーはオリジナルのLew Soloff(tp) George Young(ts) Dvid Mathews(p) Charnett Moffett(b) Steve Gadd(ds)。

そういえば、こんなことがあった。なじみのキタのJAZZクラブで「すみません、今日は貸切で・・・」と言われたことがあり、仕方がないので店を出たが、そのときすれ違いに入って来たのが「デヴィッド・マシューズ」であった。MJQ大阪公演の打ち上げか何かだったのだ。
[PR]
by knakano0311 | 2010-04-04 23:33 | 地域の中で・・・ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/13096965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 教えます!土地収用法 at 2010-04-05 14:14
タイトル : 教えます!土地収用法
土地収用法についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 ... more
<< 我が家の桜に会いに・・・ ~又... グリーンハンド、Helping... >>