大屋地爵士のJAZZYな生活

我が家の桜に会いに・・・ ~又兵衛櫻~

b0102572_9245022.jpg

我が家に一枚の櫻の絵がある。「大宇陀の櫻」。多分この桜は、大宇陀(おうだ)で最も有名な「又兵衛櫻」であると思われる。知り合いのグラフィック・デザイナー杉本好夫さんのデジタル版画による作品。(参照ブログ「我が家の櫻」「切り絵展/杉本好夫の世界」) 今年はいつまでも寒く、雨模様で正直なところ花見に心が湧く気分ではなかった。しかし、この絵の櫻だけはぜひ見てみたいと心に決めていた。そして昨日行ってきました。

「又兵衛櫻」は奈良県宇陀市の本郷地区にあるため「本郷の瀧櫻」とも呼ばれている。そして、この地は豊臣方の戦国武将として有名な「後藤又兵衛」が大阪夏の陣で敗れた後、この地で出家し、後藤と名乗って余生を過ごしたという言い伝えがあり、その後藤家の屋敷跡にあるため「又兵衛櫻」と名づけられたという。この櫻が有名になったのは、2000年のNHK大河ドラマ「葵・徳川三代」のオープニングに使われたからだそうだ。シダレザクラ、樹高13m、幹周り3m超、樹齢300年以上、奈良県の有名桜の一つで、この日も観光客が多かった。駐車場に車を止めて歩き出すと、一際オーラを放っているので、かなり離れたところからでもすぐそれと分かる。近寄ってみると、石垣の上にたって、枝先を地面近くまで長く垂れ、まるで瀧のように咲き誇るその姿に圧倒され、魅了される。多くの観光客が押しかけるその人気も納得できる。対岸の石に腰掛け、少しはなれたところから時間を忘れて見入ってしまった。

b0102572_9271681.jpg



また、このあたりは万葉の古代には「阿騎野(あきの)」と呼ばれた宮廷の狩場であり、「宇陀」という地名と共に万葉集にもよく登場する。「ひむがしの野に かぎろひの立つみえて かへりみすれば 月かたぶきぬ」とは阿騎野を訪れた柿本人麻呂の詠んだ歌。

「又兵衛櫻」を観た後は、日本最大ともいわれる弥勒磨崖仏を対岸に臨む「大野寺」へ。樹齢300年以上といわれる紅白の小糸枝垂れ櫻が、華麗で豪華で見事。

  「 春山の巨岩弥勒となり給ふ 」  青畝

最後は石楠花で知られる女人高野・室生寺へ。私はここの小振りの五重塔が好きで何回となく訪れている。10年ほど前、台風による倒木で破損したが、それを機に大修復された。前回訪れたときは、修復中で、今回再びその流麗華麗な姿を見ることが出来た。石楠花のつぼみは膨らんではいたが、開花にはまだ早く、室生寺全山は山桜の淡い白につつまれていた。欲張った甲斐があった「櫻贅沢」の一日 ・・・。

b0102572_1001992.jpgb0102572_1003814.jpg


 
 





大和はいたるところ櫻、視界から櫻が途切れることはない。「うまし国、大和」とはよく言ったもの。本日のドライブのお供は、ヨーロッパJAZZピアノトリオとして、日本で人気が最も高い「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」が、全編日本の曲を演奏した「ジャパネスク」。タイトルや歌の意味などはまったく知らせず、曲から受けるイメージだけで演奏してもらったという。「与作」、「赤とんぼ」、「いとしのエリー」、「千の風になって」、「いい日旅立ち」 など、約3,000曲に及ぶ公募したリクエストの中から、選りすぐりの12曲を選び抜いたとされている。果たして、日本の詩情を表現できているかどうか ・・・・ 。少なくとも、JAZZに縁遠い人にも楽しめる極上のBGMであることは間違いない。

ジャパネスク~日本の詩情

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ / M&I Company,LTD.(PC)(M)



「見上げてごらん夜の星を」の演奏を聴いてみますか。


[PR]
by knakano0311 | 2010-04-06 10:19 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/13105653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天空のソナタ  ~里山のエドヒガン~ 五人囃子の笛太鼓・・・ >>