大屋地爵士のJAZZYな生活

時間の止まった町 ~丹波篠山~

丹波篠山は、去年、篠山城築城400年を迎え、昔の面影がいまだ色濃く残る小京都と呼ばれる城下町である。時間が止まったようなその町並みは、いつも優しく私を迎えてくれるのだ。路地の角からひょいと懐かしい顔が現れそうな気がする。

蕎麦屋、黒豆の老舗、商家群、畳屋、散った櫻と丹波焼きの窯、武家屋敷とまんさく、大甕 ・・・・・ 。この町を歩くことは、日本人であることの心地よさを感じること。

b0102572_23375125.jpg
b0102572_2338256.jpg


b0102572_234467.jpgb0102572_23453283.jpg


b0102572_2352165.jpg



b0102572_9292762.jpg
b0102572_92954100.jpg





誰もが幼い頃一度は手にしたに違いない楽器、ハーモニカ。ハーモニカが奏でる懐かしくも暖かい演奏は「リー・オスカー/Lee Oskar」の「ハーモニカ日和」。ほのぼのとしたハーモニカによるスタンダードを聴かせてくれるオスカー。

ハーモニカ日和~プレイズ・スタンダード

リー・オスカー / 徳間ジャパンコミュニケーションズ



聴いてみますか、オスカーのハーモニカの音色。 「Before The Rain」。


[PR]
by knakano0311 | 2010-04-21 09:31 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/13170831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 60歳過ぎたら聴きたい歌(59... 二人の媛へ ・・・ >>