大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥 (2)

b0102572_1717289.jpg

日々の散歩道やウォーキングの途中で見かけた花で、名前の分からないものが多くあります。人家の花壇でなく、山沿いの小道や土手、斜面など見かけるが、その名前が分からない。もちろん外来種が野生化しているものもあるかも知れません。読者から教えていただけるかもしれないという期待もこめて、時々とりあげてみることに ・・・ 。写真の花は、毎日の犬の散歩道のグランドの脇に2日ほど前から一斉に咲きだしたもの。この場所でしか見かけないし、見た感じは外来種ではないかと思っています。サボテンみたいな芯の周りを小さなブルーの花弁が取り巻き、アンバランスではあるが、花弁はなかなか可憐でリリカル。(追記;花の名は「シーラ」と判明)

「小曽根真」。1961年神戸市生まれのJAZZピアニスト。父、小曽根実の影響でジャズに興味を持ち、独学で音楽を始める。12歳の時にオスカー・ピーターソンのソロ・ピアノを聴き、ジャズ・ピアノを始める。1983年バークリー音楽大学のジャズ作・編曲科を首席で卒業後、同年6月にニューヨークのカーネギー・ホールにてソロ・ピアノ・リサイタルを開く。このとき、ちょうど見物にきていた「クインシー・ジョーンズ」に見出されて米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。

「小曽根真」の今までの作品から、美メロでリリカルなバラード・ナンバーばかりを集めたベスト・アルバム「バラード」。「大西順子」といい「上原ひろみ」といい、若い日本のJAZZの才能が世界へ羽ばたいていくのはうれしい限り。
 
  

バラード

小曽根真 / ユニバーサル ミュージック クラシック



聴いてみますか? 小曽根のリリカルな演奏を。「Nature Boy」。 (アルバム「バラード/Ballads」より)


 
 
[PR]
by knakano0311 | 2010-05-07 07:32 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/13254671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゅんじゅん at 2010-06-11 15:53 x
以前一度コメントしたことがある、じゅんじゅんです。久しぶりに訪問したら、何とわたしの好きな花が載せてあるではありませんか!おせっかいですがこの星をちりばめたような花、「シラー・ベルビアーナ」と言います。シラーにも色んな種類があります。
Commented by knakano0311 at 2010-06-11 16:28
じゅんじゅんさん  お久し振りです。近所のグラウンドの脇に咲いていた花です。中央部の芯が開ききって枯れてしまうまで形の変化が面白かった。来年は我が家で楽しめそうです。
<< おやじのモノ語り(12) ~ ... もしもピアノが弾けたなら(22... >>