大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥 (8) ~西行蝉~

炎天下のウォーキング、途中の林で山吹の枝をつかんだまま死んでいる蝉を見つけた。

せめて最後に「花の蜜を吸いたい」と思い、必死で近づいたのか。

まるでその思いと時間がナイフですぱっと切り取られたかのようだ。

「きさらぎの桜の下で死にたい」と詠んだ「西行」のことがふと頭に浮かんだ。


          「花抱きて 逝かむと思ふか 蝉とても
                      喧騒の 声静まれり 夏の森」  爵士


b0102572_1710316.jpg

[PR]
by knakano0311 | 2010-08-03 17:16 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/13701193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ふるさとエレジー(3) ~苦悩... ふるさとエレジー(2) ~七夕... >>