大屋地爵士のJAZZYな生活

和と洋と ・・・ ~ふたつの街興し~

b0102572_2225141.jpg
(昨年第18回おもろ能の様子 川西市HPより)

10月に入り、過ごしやすくなった気候を待ちかねたように、いろいろな催しものが一斉に始まる。昨夜のお出かけは「薪能」であった。市内のすぐ近くの山の中腹に開かれ、周りを豊かな自然に囲まれた団地の公園で、毎年この時期に「薪能」が開かれる。能舞台は公園内にある白御影石でできた星形の石舞台「おもろ座」。世界的に有名な彫刻家、「流政之」さんの作品である。それにちなんで、この薪能、名づけて「川西おもろ能」という。今年は数えてもう19回目を迎える。今年の演目は、まず「仕舞」は、明恵上人の入唐断念の奇譚「春日竜神」、いつの世も酒飲みの意地汚さの本性は変わらないというユーモラスな狂言は「伯母ヶ酒」。そしてメインの「能」は、坂上田村丸の竜神退治にまつわる奇譚「田村」であった。

演ずるは、人間国宝・重要無形文化財の金春流宗家分家・「金春欣三(こんぱるきんぞう)」さん(1925年生まれ、85歳)率いる金春流の皆さん。「金春欣三」さんは、平成4年(1992年)の初回の「おもろ能」からずっと欠かさずに出演していて、今回も能・田村の後シテ「坂上田村丸」を息切れひとつせずに凛と勤められた
。かがり火の中、荘厳な薪能が初めて上演されたのは1992年秋。それ以来、関西淡路大地震も乗り越え、19年間も中断せずに地域の独自文化として定着し、「清和源氏発祥の地」という地元には欠かせない街興しの行事になっている。モーツアルトの時代にオペラが始まってから250年ぐらいでしょうか、シェイクスピアが400年ぐらい。一方、能は700年の伝統の日本文化。見るたびにもう少し知りたいし、勉強したいという思いに駆られるがなかなかその機会を得ないでいる。

b0102572_9583377.jpg

そして今日は毎年来るのを楽しみにしている「神戸元町ミュージック・ウィーク」。震災から3年後の1998年、元町の商店街の有志が集まり、「日本のJAZZ発祥の地」といわれるこの神戸でもっと暮らしの中で音楽の楽しさを体験できたら・・・という思いから始まり、今年で13回目。クラシックをベースとしたホール・コンサートもあるが、私のお目当てはいつも100グループ以上が出演するストリート・コンサート。10月第一週、二週の週末の4日間、元町界隈の6箇所で行われるのであるが、なかなか演奏を発表する機会のないアマチュア・バンドの出場申し込みが殺到し、抽選で出場が決まるらしいが、出演するのも一苦労のようである。この日はあいにく雨模様であったが、ビッグバンド、女性ゴスペル、ミュゼットなどジャンルも様々なバンドが出場し、観客も惜しみない拍手を送っていた。

単なるイベントだけでは「街興し」も難しいように思えるが、街のロケーション、雰囲気、歴史的背景を生かしたこのような和洋二例のイベントは成功しているように思える。

ストリート・コンサートに出演していたあるバンドの曲にはちょっとびっくりした。その曲は、「アイズレー・ブラザーズ/The Isley Brothers」がオリジナルであるが、人気フュージョン・グループの「フォープレイ/Fourplay」が「チャカ・カーン/Chaka Khan」をゲストに迎えてヒットさせた「Between the Sheets(シーツの間で)」。タイトルどおりのそういう曲なのである。休日の真昼間から公衆の面前で歌うような曲ではないのである。まっ、内容の過激さとは裏腹な美しく甘いメロディを持っているので多分ボーカルの女性が好きだったんでしょう。それにしても ・・・・ 。

どんな歌かって? こんな歌ですが、さわりだけでもちょっと。ただ訳詩だけはご勘弁を ・・・。

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   Ooh...baby, baby
   I feel your love surrounding me
   Whoa...ho...ho...ho...hoo...ooh...baby, baby
   Makin’ love between the sheets

   Ooh, girl, let me hold you tight
   And you know I’ll make you feel alright
   Oh, baby girl, just cling to me and let your mind be free
   While makin’ love between the sheets
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            ♪」

「フォープレイ/Fourplay」。「ボブ・ジェームス/Bob James(p)」、「リー・リトナー/Lee Ritenour(g)」、「ネーザン・イースト/Nathan East(b)」、「ハーヴィー・メイソン/Harvey Mason(d)」という売れっ子の超人気プレイヤー4人によって1990年に結成されたスーパースター・フュージョン・バンド。「Between the Sheets」は93年に発表したセカンド・アルバムで、ビルボードのコンテンポラリー・ジャズ・チャートの1位にランクされ、ベストセラーを記録した。「チャカ・カーン」がゲスト参加して、ベースのネーザンとスウィートなデュエット「Between the Sheets」を聴かせる。結成されてから20年、ギターが「ラリー・カールトン/Larry Carlton」、「チャック・ローブ/Chuck Loeb」と変わり、メンバーも60歳を超えているが、その洗練された演奏は一向に衰えていない。

Between the Sheets

Fourplay / Warner Bros / Wea



少し過激なYOUTUBEもあるが、ここは抑えてベーシストの「Nathan East」がゲストの「Chaka Khan」とデュエットしているライブを。Fourplay feat. Chaka Khan "Between The Sheets"

          
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2010-10-05 09:14 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/14134136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ジョン・レノン・ミュージアム閉館 ある違和感  >>