大屋地爵士のJAZZYな生活

続・ご近所の冬景色

b0102572_15512790.jpg

いつものウォーキングの道筋にある溜め池には、その鮮やかな黒白のコントラストからして、「キンクロハジロ(金黒羽白)」であろうか、水鳥が羽を休めている。なぜか今年は例年より、群れている水鳥の数が少ないようだ。隣町の伊丹市の野鳥で知られている瑞ヶ池(ずがいけ)では、鳥インフルエンザ陽性の水鳥の死骸が見つかったという。すぐ近くには、やはり水鳥が飛来することで有名な昆陽池(こやいけ)もあり、たいしたことがなければいいが ・・・。

b0102572_155001.jpg

今日は節分。ええ、買ってきましたとも、関西地方の節分三種の神器。「いわし」、「福豆」、「太巻き」。ヒイラギと鬼の面はお店のサービス。さっ、これで今年は我が家に福が来るのは確実である。

b0102572_169505.jpg






そして、商店街の花屋には、「桃」、「梅」、「チューリップ」、「ヒヤシンス」、「水仙」など早春を彩る花が一杯。妻は、「チューリップ」と「ヒヤシンス」の寄せ植えを買い求めた。我が家も少しは春めいて、明るくなるだろう。大阪城の梅林でも早咲きの梅がいい香りを漂わせているという。もうしばらくすれば「観梅」の季節。今年はどこの梅を見に行こうか。
b0102572_1611572.jpg

山遊びでみつけた繭(まゆ)。蝶であろうか、それとも蛾であろうか? ここにも春を待ち焦がれている生き物がいる ・・・ 。


「冬」がテーマのJAZZをご紹介しているが、今回は「ウィンター・ムーン/Winter Moon」。歌うはオーストラリアのピアノ弾き語り、わがイチオシJAZZミューズ「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」である。元々の曲は、アルト・サックスの「アート・ペッパー/Art Pepper」に詩をつけ、「ホギー・カーマイケル/Hoagy Carmichael」が歌ったものがオリジナルらしい。アルバム「Winter Moon」でペッパーばりの泣けるようなサックスを吹いている「トム・ベイカー/Tom Baker」は彼女の恋人であったが、突然亡くなってしまったという。そんなことを知って、この歌を聴くとまた彼女の切々たる歌唱が違ったシーンに見えてくる。アルバム「SMILE」は、「Winter Moon」を含む6CDからのベスト盤。

Winter Moon

Janet Seidel / La Brava



SMILE

ジャネット・サイデルインディペンデントレーベル


 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-02-04 11:44 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/14854220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 私もまだ納税者 「007」の作曲家 ジョン・バ... >>