大屋地爵士のJAZZYな生活

樹齢500年の大楠 ~延喜式内・小戸神社を訪ねて~

b0102572_21342796.jpg

車検のため、たった3日間であるが車なしのの生活を始めました。基本は「歩く」である。毎日1時間程度のウォーキングを日課にしているため、歩くのはさほど苦にならない。むしろ、日ごろの成果が試されるのだくらいに思っている。とはいえ、そう遠出もできないので、買い物もかねて、今まで訪れていない近場の史跡を訪れる事にした。

私が住んでいる兵庫県川西市には、平安時代に編纂された「延喜式」という書物に記載されている、いわゆる「式内社」は、「小戸神社」、「鴨神社」、「多太神社」の三社を数えるが、小戸神社を除く二社には訪れたことがある。そこで、今回「小戸(おおべ)神社」を訪れてみた。今は、「おおべじんじゃ」と呼ばれているが、正式には「をべのかむやしろ」と読むそうである。創建年代は不詳であるが、延喜式に載っていることからして1200年以上前に創建されたと推定されている。主祭神は「大山津見神(おおやまつみのかみ)」、明治四十二年に八坂神社「素盞鳴命(すさのおのみこと)」と細川姫神社「天児屋根命 (あめのこやねのみこと)」を合祀したという。

b0102572_10253386.jpg

参道を進むと2008年に建て替え修復工事が終わった新しい社殿が見えてくる。社務所前には「当小戸神社は延喜式神名帳摂津国川辺郡七座の一座として国史にも現在し大山津見命、天児屋根命、素盞嗚命、を奉斎し昔より小戸の大神とも称され小戸、小花、栄根、寺畑等の氏神として尊崇せられた事は摂津名所図会にも記載され近郷著名の旧社であります」の立て札。

本殿左側の奥には、平安時代、猪名川にあったといわれる落差30mもの滝、現在は能勢電の駅名にその名残が残る「鼓滝(つづみがたき)」の滝壺に住んでいたといわれる龍を祀った「白竜大神」があり、その裏には推定樹齢500年、樹高約30m、根回り12mの大楠(クスノキ)が圧倒的な迫力で聳え立っている。樹齢500年というから、室町時代の初期あたりからここに根を生やしているである。幾多の水害や戦乱、災禍に遭ったに違いないが、それを乗越えて今ここに聳え立っているクスノキ。その生命力を強く感じる。

今回被災した東北地方も、有数の森林を持つ地域。このような樹齢を重ね、畏敬の対象となっている大木が数多くあり、きっとその多くが今回の地震や津波をくぐりぬけたことであろう。木たちよ、それに宿る精霊たちよ、どうか希望や勇気、癒しを被災者の皆さんたちに与えてほしい。

エールを託す曲は、「シークレット・ガーデン/Secret Garden」の「You Raise Me Up」。「シークレット・ガーデン」 は、ノルウェー出身の作曲家・ピアニスト、「ロルフ・ラヴランド/Rolf Løvland」と、アイルランド出身の女性ヴァイオリニスト、「フィンヌーラ・シェリー/Fionnuala Sherry」の2人組のユニット。カテゴリー分けが難しく、クラシックや現代音楽に通じるインストゥルメンタルの楽曲が多いためか、日本では癒し系音楽として人気がある。彼らの最も有名な曲が、2002年のアルバム「レッド・ムーン/Red Moon」に収録された「ユー・レイズ・ミー・アップ/You Raise Me Up」であり、「ケルティック・ウーマン/Celtic Woman」、「シェイラ・ウォルシュ/Sheila Walsh」、「ウエストライフ/Westlife」など多くのアーティストにカバーされている。

2006年2月に開催されたトリノの冬季オリンピックの金メダリスト、「荒川静香」さんがエキシビジョンで使ったあの美しい曲(Celtic Womanバージョン)である。わたしは定年を1ヵ月後に控えた毎日の出勤の電車の中で、モチベーションを高めるために聴いていた曲でもある。

【You Raise Me Up 】 作詞;B.Graham  作曲;Rolf Løvland

「 ♪  私が打ちひがれたり、私の魂が萎えているとき
      トラブルにあったり、心が苦しんでいるとき
        そんなときは、あなたが来て、そばに座ってくれるまで
          ここでじっとして、静かに待っているわ

    あなたはきっと、私が山の上に登れるように力づけてくれるわ
      あなたはきっと、私が嵐の海を渡っていけるよう力づけてくれるわ
        あなたの肩で支えてもらえば、わたしはきっと強くなれるわ
          あなたは私が出来ると思っている以上の力を、きっと与えてくれるわ ♪ 」


レッド・ムーン

シークレット・ガーデン / ユニバーサル インターナショナル



「You Raise Me Up - Secret Garden」

          
[PR]
by knakano0311 | 2011-04-01 09:38 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/15130613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ご近所の櫻(4)  ~渓のエド... エコと言うにはおこがましいが ... >>