大屋地爵士のJAZZYな生活

ご近所の櫻(4)  ~渓のエドヒガン咲く~

b0102572_1658262.jpgb0102572_17114610.jpg


わが団地の西の端、猪名川に面した谷の斜面に樹齢40~50年の「エドヒガンザクラ」が70本ほど群生している。このエドヒガンの群生、兵庫県のレッドデータブックに記載されている絶滅危惧種であるが、3年ほど前から地元の有志の皆さんが、この谷の整備を始め、放置されていた粗大ごみを片付け、雑木やつるなど伐採をして光を林にいれ、弱っていたエドヒガンを再生させた。そして整備が進むにつれ、ツツジなどの低木やスミレ、ハクサンハタザオなどの群生やフデリンドウ、キンランなどの貴重な草花も出現し、植生の多様化も進んだという。遊歩道などもつけ、見違えるようになったこの谷を、エドヒガンが咲くこの季節に市民に一般公開している。

今年は、寒のもどりの影響で寒かったので開花が遅れていたが、今日観たら開花し、3分咲きほどになっていた。「ソメイヨシノ」とは違って、こぶりの花で霞がかかったような独特の風情である。猪名川の川べりまで降りてみると、むかし鉱山師(やまし)は鉱脈を発見する目印にしたともいわれる「ハクサンハタザオ」の群生(写真左)や可憐な花をつける「タチツボスミレ」の群生(写真右)も見ることができた。

b0102572_1739894.jpgb0102572_17412147.jpg


震災の影響で花見の自粛ムードがあるが、東電、東北電力地域でも煌々と電気をつける夜桜ではなく、昼間の花見はどんどんやったらいいと思う。明るさや日本という国への思いや日本人のアイデンティティ、絆を取り戻せるから ・・・ 。明日は山遊びの仲間と花見をしようか。 

前にも紹介しましたが、今年イチオシの櫻の歌をもういちど。 「ふくい舞」の「いくたびの櫻」。
 
          
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-04-03 10:01 | 地域の中で・・・ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/15159880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 不用品回収 不用品回収の.. at 2011-05-18 10:59
タイトル : 不用品回収 不用品回収の徹底調査
不用品の回収ついて解説しています。... more
<< 強く 強く ・・・ 樹齢500年の大楠 ~延喜式内... >>