大屋地爵士のJAZZYな生活

The Gift ~自然からの贈り物~

b0102572_17224549.jpg

(写真;バブル期に住宅地として開発に着手したが、バブル崩壊後建設会社が倒産、破壊されたまま放置された近くの自然)

私の住んでいる地域は、多分、日本の大都市近郊ならどこにでもあるであろう何の変哲もない住宅団地である。そしてその周辺には、これまたどこにでもあるような自然や、里山、農地などが広がっている。定年後は、そんな自然の中で遊ばせてもらうことによって、私は自然の恩恵を受けてきたのである。しかし、バブル時代の「負の遺産」として、写真のような無残な場所もいまだ残されている。バブル期よりは、かなりマシなったとはいえ、いまなお開発によって危機にさらされているこの地域の自然に親しみ、都市生活で失われつつある感性をとりもどし、身近な自然の保護・再生・創造等を図ることを目的として、地域の自然を観察し、その情報を発信し続けている地元の団体がある。 「川西自然教室」という団体である。

b0102572_17335387.jpg

1993年4月1日の設立というからバブル絶頂期に立ち上げ、17年以上もいまもってその活動を続けているのである。私は会員ではないが、その団体が月一回発行する会報「こげらだより」を読むことを楽しみにしている。この地域の自然の状態がよくわかるからである。その活動も多岐に渡っていて、自然観察ハイキング、毎日(!)の鹿や鳥の生態報告、水鳥・ゲンジボタル・ヒメボタル・セミ・NO2や水質測定などの調査、野草、山菜やきのこ採り、川や森の清掃活動などである。お題目ではなく、実践が主体の活動を市民目線、住民目線で長年続けていることに驚きもする。われわれの変わらぬ日常や何気なく当たり前のように享受している自然の恵みは、こうした地道な活動によって支えられているのかもしれないのだ。感謝 ・・・ 。
    
b0102572_22115675.jpg
  
里山ボランティアを少ししてみてわかったことがある。「我々、人間が自然に働きかけて、手をかけて、はじめて自然は我々に恵みを与えてくれる」ということ。しかし自然は、時にはそんな人間なんぞお構いなしに牙をむく。そのことも忘れてはならない。あの豊かな「みちのく」も母なる大地、恵みの海にはやく戻ってほしいと願う。

息子夫婦が但馬・出石へ遊びにいってきた土産にと、宝永3年(1706年)信州上田の殿様仙石氏がお国替えになったのを由来とする「出石(いずし)蕎麦」と、これまた宝永5年(1708年)創業という地元一番の老舗の出石酒造の銘酒「楽々鶴(ささづる)」を提げ、訪れてきた。

これはうれしい自然からの贈り物 ・・・。

ずばり、「贈り物」というタイトルを持つ曲がある。「ギフト(リカ-ド・ボサノバ)/The Gift(Recado Bossa Nova)」。もともとブラジル人の手になる曲らしいが、英語の詞がつけられ、「イーディー・ゴーメ/Eydie Gormé」の歌や、「ハンク・モブレイ/Hank Mobley」の演奏で有名になった曲である。私も知ったのは、「イーディー・ゴーメ」のアルバム、「恋はボサノバ/Blame It On The Bossa Nova」(1963年)であった。しかも、発売当時ではなく、それから大分経った70年代か80年代ではなかっただろうか。知ってしばらく経ってから、「マンハッタン・ジャズ・クインテット(Manhattan Jazz Quintet)」の2作目「枯葉 - Autumn Leaves」(1985年)で再びこの曲を耳にすることになったと記憶している。それ以来好きな曲のひとつにもなっている。

恋はボサ・ノヴァ

イーディー・ゴーメ / インディーズ・メーカー



「イーディー・ゴーメ」は「スティーヴ・ローレンス/Steve Lawrence」とおしどり歌手夫婦で知られた60年代を代表するアメリカのポピュラー歌手。柔らかい歌声がなかなか魅力的。英語歌詞は原曲とはかなり違ったものになっているという。

「♪ ベルベットの手袋に真珠の首飾りなんていらないわ
   私が欲しいのは愛の贈り物
   金の指輪なんていらないわ
   欲しいのはいつか実現する夢
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・     ♪」 

「Eydie Gormé - The Gift (Recado Bossa Nova) (1963)」

          

「ハンク・モブレイ」といえば、Blue Note の名盤「DIPPIN'」(1965)。「DIPPIN'」といえば、「リカード・ボサノバ」というくらい当時は有名なジャズ喫茶の人気盤だったらしい。残念ながら私はジャズ喫茶では聴いた記憶がないのだ。ゴーメの歌もモブレイの演奏も、アメリカではさほど人気が出なかったらしいが、日本では大ヒットした。「クレオパトラの夢」などと同じように、いかにも日本人好みのマイナー・コードのハード・バップである。

ディッピン

ハンク・モブレー / TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(M)



「RECADO BOSSA NOVA - HANK MOBLEY 」

          
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-05-29 09:44 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/15626638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ひどい天気だ 海の見える場所へ >>