大屋地爵士のJAZZYな生活

つかの間の北欧気分

b0102572_17444144.jpg

久しぶりに神戸・ポートアイランドにある大型家具店「イケア/IKEA」に出かけてみた。ご存知でしょうが、この「IKEA」、いわゆる家具店ではない。普通の家具店であれば、結婚、引っ越し、家の新築ぐらいに行くのが関の山。まあ年に数回なんて行くことは決してない。「IKEA」が、あれほどの集客力があるのは、言ってみれば、「北欧風生活提案の場」なのである。

とにかく広い。そして、その商品の種類の多さに驚かされる。しかも、価格はリーゾナブル。あらゆる生活シーン、暮らしを楽しむためのインテリア、生活用品雑貨が並んでいる。妻曰く、「100円ショップのようなバラエティに富んでいると同時に、テーマ・パークのような楽しさがある。」いう。そして、漠然と頭の中に描いていた彼女の生活を楽しみ方が、商品を見て具体的になったり、またピンとくる商品を掘り出す喜びがあるという。だから何回来ても、何か新しい発見があり、飽きないという。

b0102572_1853874.jpg

これでお客さんが来ないほうがおかしい。夏休みももう終盤であるが、店内は親子づれでいっぱい。子供たちは思い思いに、子供部屋の家具や玩具に自由に触れて楽しんでいる。とても家具店に来ているとは思えない雰囲気である。しかも店内のおしゃれなレストランでは、安くておいしいランチが500円も出せば食べられるので、子ども連れでも数時間は気兼ねなく楽しめるであろう。よく家具店は、その広さ、スペースが固定費となり、経営を圧迫するといわれるが、「IKEA」は広さを武器に、家族連れを一日囲い込むという戦略が、北京でも見かけたように、世界的にも成功したようである。

b0102572_18232547.jpg   

白夜の夏が終わると、9月から4月までは雲に閉ざされ、夜が長く寒い季節が続くスエーデン。日本やヨーロッパの大都市にある歓楽街などはお目にかからないストイックなお国柄。ここに陳列されている商品を見ていると、家での生活を目いっぱい楽しむというスエーデン人の「スロー・ライフ気質」が、そのデザインや機能性、色彩に詰め込まれているような思いがしてくる。一緒に買ったチェストは廃棄してしまったが、36年ほど前、新婚当時買った白木のステレオ・ベンチはいまだに愛用している。もうすっかり色あせてしまったが、あのベンチの白木の木肌の美しさに、その後の人生への憧れを込めて買ったような気がして、いまだに捨てることができずにいるのである。

そしてその後、スエーデンの会社と仕事上のつながりができ、何回もスエーデンには訪れたが、高負担である一方、その質素であるが豊かな暮らしぶりと福祉・教育医療の充実にはすっかり感心してしまった。そしてその子会社の仕事のやり方やオフィスのインテリアひとつにも日本と違うカルチャーを実感したのである。しかも子会社の責任者として送り込んだ部下が、家族共々すっかりスロー・ライフにはまってしまい、帰国後日本のペース にあわず、結局退社してしまった。その後はマイペースでの仕事と生活を楽しんでいる様子で一安心。そんなスエーデンにまつわる色々なことを思い浮かべていた。つかの間の北欧の街歩き気分。

さあ、前々回に続いて、スエーデンのクール・ビューティ、「リーサ/Lisa、Lisa Lovbrand」の歌声。驚くことに米音楽界の超大物プロデューサー「デヴィッド・フォスター/David Foster」とのデュエットで歌う「When I Fall in Love/恋に落ちたら」。アルバム「エンブレイサブル/Embraceble」からです。

エンブレイサブル

リーサ / スパイス・オブ・ライフ



この歌は、今は有名なスタンダードになっているが、「ロバート・ミッチャム/Robert Mitchum」主演の映画「零号作戦(原題;One Minute to Zero)」(1952年)の主題歌で、「エドワード・ヘイマン/Edward Heyman」作詞、「ヴィクター・ヤング/Victor Young」作曲になるもの。オリジナルは「ドリス・デイ/Doris Day」であるが、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」によって大ヒットした。

「♪ When I fall in love       もしも私が恋に落ちたとしたら 
   It will be forever        その恋は永遠に続くはず
   Or I'll never fall in love    そうでなければ、決して恋などしないわ
      ・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          ♪」

カラオケで洋楽のデュエットをするなら、この歌と決めていたが、ついぞそのお相手も機会もありませんでした。「デヴィッド・フォスター」、本業は歌手ではないが、なかなかどうしていい味を出していますね。

「When I Fall In Love - Lisa & David Foster」

          
 
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-08-26 09:35 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/16161672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< かすかな秋の訪れ 人の決断 >>