大屋地爵士のJAZZYな生活

雪が降る

b0102572_17361598.jpg

雪が降っている。視界が利かないほどに ・・・。北陸に流れ込んでる寒気団の影響であろう、これほど吹雪のように激しく降る雪は、久しぶりである。この雪は積もるのだろうか? 明日が山の「遊初め」だというのに。まっ、しばらくすれば止んで積もりはしないだろうとたかをくくる。豪雪地帯に住んでいる人には申し訳ないが、私の住んでいる地域では、雪はたまに降ったとしても、めったに積もらない。そして、積もったとしても、一年に一、二回、数cm程度。それも、積もってもすぐに溶けるため、ご近所で車にスノー・タイヤを履いている人はほとんどいないといっていい。しかしすぐ北に隣接する猪名川町、そして、かっては「大阪のチベット」と揶揄されたように、大阪府で唯一「根雪」が積もるところであった能勢町では、多くの人がスノータイヤを装着するという。だいぶ状況が違うようである。いずれも数㎞、車で10分ほどのわずかな距離であるが、気候はガラッと変わるのである。

こんな日は家で暖かくして、音楽を聴くか、DVDでも見て、熱い風呂に入り、早く布団にもぐりこむに限る。しかし、何ということであろうか、給湯器の調子が悪く、シャワーの温水の温度が上がらない。多分、耐用年数には達していないのに、給湯器を取り替えねばならないようだ。新春早々文句に一つも言いたくなる。

こうなったら、「暖まるかな?」と引っ張り出してきたアルバムは、「リャンビコ/LYAMBIKO」。変わった名前の歌手であるが、「リャンビコ」は、タンザニア人の父親とドイツ人の母親の間に生まれたドイツ出身のJAZZ女性歌手。個性的な美貌に加え、オーソドックスなスタンダードとボサ・ノヴァを歌うジャズ・ヴォーカルは、スモーキーで艶っぽく、私好みの歌手である。「The nearness of you (あなたのおそばに)」なんていいなあ。

LYAMBIKO

リャンビコ マーク・ローウェンサル ロビン・ドラガニック トルステン・ツィンゲンベルガー ジョルジオ・クロブ ヘルマー・マルチンスキーソニーミュージックエンタテインメント



「LYAMBIKO -The nearness of you」
 
         
 
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2012-01-04 22:21 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/17534848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 火打石で火をおこす 路傍の花、樹々の鳥 (21) ... >>