大屋地爵士のJAZZYな生活

スエーデン美女シンガー図鑑(その4) ~モニカ・ゼタールンド~

b0102572_17323681.jpg

「スエーデン美女シンガー」といえば、コンテンポラリーな歌手ではないが、彼女のことに触れないわけにはいかないでしょう。スウェーデンの伝説の歌姫で、スウェーデンの女性ジャズ・シンガーの元祖といってもいい、「モニカ・ゼタールンド(セッテルンドとも)/Monica Zetterlund」。1937年生まれ。父親がテナーサックス奏者、母親がベーシストという音楽一家に生まれ、幼少の頃から音楽に親しみ、19歳でデビュー。 59年には渡米、かって「坂本九」も出演したことのある「スティーブ・アレン・ショー/Steve Allen show 」に出演し、世界的に広くその名が知られるようになったという。

1964年、モニカが27歳のとき、ヨーロッパ・ツアーでストックホルムに立ち寄った「ビル・エヴァンス・トリオ/Bill Evans Trio」と録音した 「ワルツ・フォー・デビー/Waltz for Debby」が世界的にブレイク。その後、彼女は女優、歌手として90年代前半まで現役で活躍したが、2005年5月12日に亡くなった。享年67歳。自宅のベットでの寝タバコが原因で火事になり、焼死体で発見されたという。しかも、火事を通報したのはモニカ本人で、その時「こんな事で死にたくないわ」と言ったという。あまりにも無残で悲しい最期だった。(Wikipedeaなど参照)

b0102572_2226173.jpg

もちろんエヴァンスは知っていたが、私がモニカを知ったのは、大分後のことである。エヴァンスが歌伴をした歌手は何人かいるらしいが、それまで私は「ワルツ・フォー・デビー」を含んで二度にわたって、録音をした「トニー・ベネット/Tony Bennett」しか知らなかった。(「Tony Bennett-Bill Evans Album」、「Together Again」) このアルバムで私がすっかりモニカに魅せられてしまったというのも、エヴァンスの歌伴の影響がそれほど大きかったからである。エヴァンスがヨーロッパへ来ると、モニカとたびたび共演したというから、それほどエヴァンスは彼女が気に入っていたのであろう。2年後の1966年、コペンハーゲンのコンサートでは、モニカをゲストとしてステージを共にし、また11年後の1975年にスウェーデンを訪れた際にも、モニカとの共演を果たしている。

その1964年のアルバム「ワルツ・フォー・デビー」、この時のエヴァンス・トリオは、「チャック・イスラエルズ/Chuck Israels (b)」、「ラリー・バンカー/Larry Bunker (d)」。そしてこの「ワルツ・フォー・デビー」、「Monicas Vals」と表記され、英語ではなく、スウェーデン語の歌詞で歌われている。スエーデン語はドイツ語に近く、ほとんどのスエーデン人はドイツを話すことができるが、ドイツ語ほど武骨ではなく、なにか素朴で不思議な感じに耳に響いてくる。そしてエヴァンスのピアノ、このロマンチックなサポートは見事というしかない。しかし、エヴァンスが見えず、「スエーディッシュ・ビューティ」とは言い難い日本盤のCDジャケット(私もコレ)は、どうしてもいただけないので、輸入盤も並記しておきます。冒頭のジャケット写真はLPのものでしょうか?

ワルツ・フォー・デビー+6

モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック クラシック



Waltz for Debby

Monica Zetterlund / Universal Import


 

Waltz for Debby

BILL EVANS MONICA ZETTERLUND / PolyGram



モニカのナチュラルな唱法、ピュアな歌声、透明感や暖かさは、彼女の後に続いた多くの「スエーディッシュ・ビューティ」に共通する特質と思えてならないのです。それでは「ワルツ・フォー・デビー」を ・・・。

「Monica Zetterlund with Bill Evans Trio ― Waltz for Debby」

     

2年後の1966年、コペンハーゲンでのエヴァンスとのもう一つの「ワルツ・フォー・デビー」。リハーサルか何かでしょうか、エヴァンス、ゴメスの懐かしい顔。埋め込み不可のため、下記色文字部をクリックすれば動画を見ることができます。
「Monica Zetterlund with Bill Evans Trio ― Waltz for Debby」 Monica Zetterlund(vo) , Bill Evans(p) , Eddie Gomez(b) , Alex Riel(ds) Recorded in Copenhagen Oct. 1966.

そして、同じアルバムに収録されている「Some Other Time」も好きな演奏。暖かさがにじみ出てくるようなモニカの歌い方がいい。

「Monica Zetterlund with Bill Evans Trio - Some Other Time」

          

そして1996年ニュー・ヨークでのラスト・レコーディングになってしまったアルバムが、「ザ・ロスト・テープ/The Lost Tapes @ Bell Sound Studios NYC」。そこには時折、私に「特定曲衝動買い症候群」を発症させる歌の一つである「I'm a fool to want you」が収録されているのも何かの因縁か ・・・。

Lost Tapes

Monics Zetterlund / BMG



「Monica Zetterlund-I'm a fool to want you」
 
          
           
[PR]
by knakano0311 | 2012-05-11 15:30 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/18254196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nardis at 2012-05-11 18:33 x
大屋地爵士さん お久しぶりです。
やはりエヴァンスを出されると反応してしまいます。冒頭の写真は2nd pressのLPジャケットです。また、オリジナルジャケット写真の別バージョンがモニカのCDジャケット写真に使用されています。
http://www.amazon.co.jp/Monicas-Svenska-Klassiker-Monica-Zetterlund/dp/B000RB6V96
エヴァンスとの一曲(コルコヴァード)がモニカの6枚組CDに入っている為、エヴァンスフリークの私は買わされました。あろうことか、すべてスウェーデン語の解説なので辞書まで買いました。(笑)
Ett lingonris som satts i cocktailglas (1995年) (6 CD Collection Box)
私も4月末に信州へ帰省し、二度目の桜を楽しみました。
Commented by knakano0311 at 2012-05-11 21:43
nardisさん  やはりLPのジャケットでしたか、ご教示ありがとうございます。ついでにご存知でしたらご教示願います。エヴァンスが歌伴をしているアルバムは、モニカとベネット以外にあるのでしょうか?
Commented by nardis at 2012-05-12 14:00 x
大屋地爵士さん、ご質問の回答です。
下記の6枚がありますが、後者3枚は編成が大きく、エヴァンスとしての資料的価値は希薄です。また、お遊びで自分自身の歌を伴奏した1曲(Santa Claus Is Coming To Town)が'64のモニカとのCD盤のボーナス・トラックに入っています。(初出は18枚組のThe Complete Bill Evans On Verve)
Lucy Reed - The Singing Reed('55)
Helen Merrill - The Nearness Of You ('58)
Frank Minion - The Soft Land Of Make Believe('60)
The Mello Sound Of Don Elliott('58)
Mark Murphy - Rah('61)
Tadd Dameron - The Magic ('62)
Commented by knakano0311 at 2012-05-12 17:12
nardisさん  さっそくご回答いただきありがとうございます。他界して32年目、いまなお惹きつけるその魅力。すべてのピアノトリオの原点。とても大きすぎて、なかなか我がブログでも取り上げるのを躊躇してしまうのが本音です。
<< 妻のお供で ・・・ スエーデン美女シンガー図鑑(そ... >>