大屋地爵士のJAZZYな生活

北欧美女シンガー図鑑(その6) ~神戸で見つけた美しきバラード唄い~

b0102572_2214323.jpgb0102572_22142119.jpgb0102572_22144128.jpgb0102572_22145635.jpgb0102572_22151489.jpg

ずらっと並んだアルバム・ジャケット。今までに発売されたデンマークの新進気鋭の歌姫「シーネ・エイ/Sinne Eeg」のアルバムである。リリースされた順に並べると、
デビュー・アルバム「Sinne Eeg」;2003年、
Waiting for Dawn」;2007年、
Remembering You」;2009年、
Don't Be So Blue (ブルーな予感)」;2010年、最新作「The Beauty Of Sadness」;2012年 という5枚である。(注;3rdアルバム「Remembering You」のデンマーク・オリジナル版「Kun en drøm (only a dream)」がほかに一枚ある)

「シーネ・エイ/Sinne Eeg」を知ったのは去年。Amazon のオススメで、始めてその名を知った。神戸に遊びに行くときは大抵、「日本のジャズの発祥地」に敬意を表して、「今まで聴いたことのない、何か新しいJAZZアーティストのCDを買い求めよう」と勝手な屁理屈をつけていた。そして、その時買い求めたのが「シーネ・エイ」であったのだ。なんとなくスムース・ジャズ系かなと思っていたが、いやあ、驚きました。声に張りと力がある。そしてうまい。スムース・ジャズに流れていない正統派のジャズ・ボーカルで、しかもこの美貌ときた。何と言っても、もうこれは図鑑入りでしょう。

b0102572_23122628.jpg
 
1977年デンマーク生まれ。1997年20歳の時に、国立音楽アカデミーで音楽を学ぶ。2003年にデビュー、2007年にリリースした、全曲オリジナル楽曲に挑戦したセカンド・アルバム「Waiting for dawn」が、その年のデンマーク音楽賞/ジャズ・ボーカル部門賞を獲得したという。日本のジャズ界に大きな反響を巻き起こしたのは、第4作、「ブルーな予感」であった。バラードに彼女の力はいかんなく発揮されるが、バラード良し、軽快なスイングも良し、オリジナル良しの北欧で、今後もっとも期待される若手イチオシのシンガーであろう。

 
b0102572_23124222.jpg
 
そして、先日届いた最新作は、「ビューティ・オブ・サドネス」。オリジナル5曲とカヴァー5曲で構成。デンマーク・国立室内オーケストラをバックに、オリジナルの表題曲ほか、「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」、「風のささやき」などを歌い上げる。まさに「美しきバラード歌い」の本領発揮である。洋盤には珍しく、歌詞ページと彼女の写真が対になったブックレットがうれしい。この5月の「富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル 2012」への出演のため、初の来日を果たしたとも聞く。

第2作のタイトル曲、バラード唄いの真骨頂。オリジナルのバラードは、「Waiting For Dawn」。

「SINNE EEG - Waiting For Dawn」
 
          

小気味よく弾むスタンダードは、デビュー・アルバムから、「夜は千の眼を持つ」、「カムズ・ラブ」の2曲メドレーで ・・・。

 
「SINNE EEG - Night Has A Thousand Eyes~Comes Love」

 
          


      
               
                         
                                    
[PR]
by knakano0311 | 2012-06-05 09:58 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/18348907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 宇宙のヴィーナス、地上のディーヴァ 閑話休題;遊びの山は初夏モードに >>