大屋地爵士のJAZZYな生活

処暑というけれど ・・・

b0102572_23313549.jpg

いや暑さが堪えますね。処暑(二十四節気の一つ、暑さ収まるころ)だそうです。ど~~こがぁ!! ウォーキングをしていても、全身から汗が吹き出し、Tシャツはもう汗びっしょり。そうなれば、私ももうお歳、易きかつ軟弱へと流れてしまう。

その結果が、涼しいところでの昼飯と相成るわけである。やってきたところは、我が家から車で走ること30分ほど、隣町、猪名川町の山の中、リゾート・ホテル、「メープルいながわ」の中にある、カフェ・レストラン、「ビラブリ・ガーデン・カフェ/Villabli Garden Cafe」。私がご贔屓にしている神戸市・中央区の旧居留地にあるエスニック・レストラン「Villabli Garden」とホテルを含めて資本系列が同じようである。

このホテル、3年ほど前までは、「尼崎高原ロッジ」といって、広い山裾の敷地に地方自治体である尼崎市が経営し、宿泊設備や会議施設、温泉、アスレティック・フィ-ルドなどを備えた総合リゾート施設であった。しかし、ご多分に漏れず、素人商法?で経営難だったらしく、その後民間の会社に経営を委託し、3年前にリニューアル・オープンした。

b0102572_23343555.jpgb0102572_23343570.jpg

  






さて、お盆休み後のウィーク・ディ。お年寄りのグループやら、まだ夏休み中の子供連れのグループなどで、結構満席になっている。民間への委託、このレストランだけ見ると、ひとまず成功しているように思える。

さあ、パスタ・ランチをゆっくりといただく。眺めもよく、視界360度は青山。ゆったりとした気分に浸れ、わが故郷・信州とまではいかないが、ちょっとだけひんやりした空気が清々しい。そして、目の前の池に咲く睡蓮の花が、一際涼を誘い、印象的であった。

「涼を誘う清々しい花 ・・・」。そんな印象が「売り」のアルバムは、「フィール・スウェーデン/Feel Sweden」。スウェーディッシュ・ビューティのコンピ・アルバムである。「ミラ/Myrra」、 「ロヴィーサ/Lovisa」、「リーサ/LISA」、「スライディング・ハマーズ/Sliding Hammers」、「マルガリータ・ベンクトソン/Margareta Bengtson」、「スス・フォン・アーン/Suss von Ahn」など、「スウェーデン美女シンガー図鑑」シリーズで取り上げた美人歌手、ディーヴァが勢ぞろい。

b0102572_18172687.jpg
フィール・スウェーデン-ボサ・ノヴァ・コンピレーション(オムニバス)/Feel Sweden -Bossa Nova Compilation/Spice Of Life





b0102572_212447.jpg

Myrra

ミラ・マルムバーグ / インディペンデントレーベル





そんなディーヴァ達の中から紹介するのは、儚げな歌い方で爺さんの心をくすぐる「ミラ」のボッサがいい。

「Myrra - The Only Thing That I Can Think About Is You」

       
[PR]
by knakano0311 | 2012-08-24 09:53 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/18867705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< もうチョッキリ虫が 病、ますます高じる >>