大屋地爵士のJAZZYな生活

春を願って ・・・

b0102572_1854938.jpg


喪中につき、新年のご挨拶は遠慮いたしますが、ことしこそ激動の嵐の中で沈みかけている日本が日本らしさを、そして日本人が日本人らしさをとりもどすきっかけの年になればいいなと願うばかりです。

そして、さほど進んでいるとも思えない大震災の復興も大きく前進してほしいし、一日も早く被災者の日常が戻ってきてほしいと思う。

そんな、春がまた訪れんことを願って、今年の最初のピアノは「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」のソロで、「さくらさくら」を ・・・。震災に対する彼のメッセージとともに。

「どんな時でも春は必ず来る ・・・」。


「Giovanni Mirabassi - さくらさくら」

          
 
 
 




 
[PR]
by knakano0311 | 2013-01-01 00:03 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/19628779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新春、神戸街歩き 師走の自己満足 >>