大屋地爵士のJAZZYな生活

縁無きとは思えども、心華やぐ

b0102572_17103987.jpg


もちろん我が家は縁がないが、我が団地は、高齢化と少子化が進んだためか、あるいは景気の悪さや省エネ志向が影響しているためか、近年ご近所のクリスマス・イルミネーションがめっきり減っている。毎日のウォーキングの道筋にも2,3軒しか見当たらない。これだけ減ってしまうと、少しさびしい気もする。その一方で、商業施設やクリスマス・イベントとして行われるイルミネーションは年々華やかになるようである。買い物に行った大型商業施設にも、4階分の吹き抜けに巨大なクリスマス・ツリーが ・・・。見れば、やはりなぜか心が華やぐのです。

b0102572_17143184.jpg

私にとって、今年一番のJAZZ的収穫であったのが、「アンナ・マリア・ヨペク/Anna Maria Jopek」。私は持っていませんが、そんな彼女のクリスマス・アルバムがあるようです。「Dzisiaj z Betleyem」、「ベツレヘムの心」という意味のようです。聴いてみれば、きっと国民の75%が敬虔なカトリック信者という信仰心熱いポーランドのクリスマス・イヴの雰囲気が伝わってくるのではないでしょうか。

Dzisiaj z Betleyem

Anna Maria Jopek / Universal Poland



そんなアルバムの曲かどうかわかりませんが、公式HPのビデオ・ページからの「アンナ・マリア・ヨペク/Anna Maria Jopek」が歌うクリスマス・キャロル、「Na Calej Polaci Snieg (一面の雪の夜に)」を、イブの夜にどうぞ。

「Anna Maria Jopek - "Na Calej Polaci Snieg" (official videoclip) 」

          
[PR]
by knakano0311 | 2012-12-24 10:56 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/19628958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 炭焼き準備終わる ・・・ 人はそれぞれに ・・・ >>