大屋地爵士のJAZZYな生活

縁無きとは思えども ・・・

b0102572_16243440.jpg
(写真はご贔屓のCafeにて)

キリスト教徒でもないし、老いて私自身はすっかり縁がなくなってしまったと思っているが、また今年もクリスマスが近づいてきた。買い物に出かければ、ショッピング・センターやデパートはきらびやかなクリスマスのデコレーション一色に彩られ、カフェに入ってもクリスマス・ムードのしつらえが雰囲気を一層盛り上げる。そして、次男一家が孫娘を連れ、クリスマスには来るという。それならばと、妻も狭き我が家をクリスマス・ムードにしつらえる。この身自身はすっかり縁がなくなっても、世間のしがらみや、家族の縁の中で、やはりクリスマスとは、無縁にはなれないようである。

この時期、ジャズだけでなく、クラシック、POPSなどいろいろの分野から、クリスマス・アルバムが多く発売される。私自身は、このクリスマス・アルバムというものが苦手で、2枚の例外を除いては持っていないのだが ・・・。その一枚が、「スラヴァ/Slava」の「アヴェ・マリア/Ave Maria」集。16世紀のカッチーニから20世紀のストラヴィンスキーまで10人の作曲家による9曲(日本盤は12曲)の「アヴェ・マリア」を「スラヴァ」がヴォーカルとシンセサイザーによって聴かせてくれるアルバムである。

b0102572_16282095.jpg

「スラヴァ」。1964年生まれ、本名、「ヴャチェスラフ・カガン=パレイ/ロシア語: Вячеслав Каган-Палей」という、旧ソ連・ベラルーシ出身のカウンター・テナーである。1995年、「アヴェ・マリア」という1枚のアルバムが話題になった。そのアーティスト名が、「スラヴァ」であった。日本国内だけでも30万枚を超える異例の大ヒットを記録したのだ。本名とは別に、日本では専らスラヴ語で「栄光」を意味する「スラヴァ」の愛称を用いている。現在はイスラエル国籍を取得し、同国を拠点に活動しているという。

「スラヴァ」本人は自身の声域を「男声アルト」と称しているらしいが、その美声は「タイムズ」紙に「声のダイヤモンド」と讃えられたという。

ave maria

スラヴァ / ビクターエンタテインメント



その中でも、バッハ、モーツアルトでもシューベルトでもなく、カッチーニ(ジュリオ・カッチーニ/Giulio Caccini 1545年頃 - 1618年)の「アヴェ・マリア」に心を奪われてしまう。神性すら感じるというのは大げさに過ぎるだろうか ・・・。

「SLAVA -Ave Maria」

          
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2012-12-19 10:19 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/19688675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きき at 2013-01-08 22:56 x
スラヴァさん、来日中ですよ。
Commented by knakano0311 at 2013-01-08 23:34
ききさん  ありがとうございます。知りませんでした。
<< シネマな一年/2012  ~今... リコール・回収・交換 >>