大屋地爵士のJAZZYな生活

新春、神戸街歩き

b0102572_17151512.jpg


正月三が日 ・・・。喪中なので年賀状も来ず、TVも全くつまらないし、例年の多田神社への参拝は元旦に済ませたし、おせちももう飽きたし、これと言って特にすることもなし。外を見ると、天気もよさそうなので、人ごみを覚悟しつつ、神戸まで車を走らせる。

ハーバーランドから見る神戸港の光景。上天気とこの解放感が何とも言えないほど気持ちがいい。阪急百貨店・神戸店などの大きなテナントが相次いで閉店し、最近少しさびれた感があったが、新春とあって「モザイク」あたりは結構な人出であった。「キャナル・ガーデン」も今春、リニューアル・オープンらしいから、賑わいをとりもどしてほしい。この絶好のロケーション、雰囲気なんだから ・・・。

b0102572_17153436.jpg

そんな、ハーバーランド界隈をウォーキングを兼ね散策し、栄町通りを抜け、旧・居留地へと向かう。昭和初期に建てられた銀行を改装したカフェ、「E.H BANK」でのランチが、お目当て。神戸博物館の南、旧・居留地にあるこの建物は、その石造りの外観からして、存在感が圧倒的である。大きな回転扉を押して入ると、そこは別世界。高い格子天井、シャンデリア、ゆっくりと回る天井扇。大理石の壁、柱、そしてインテリアとして残したる大金庫の扉。一体誰が銀行がカフェにこんなに似合うと、想像したのであろう。そしてここは、いつもJAZZかボサノバが流れている。私が、お気に入りの空間のひとつでもある。

b0102572_1716433.jpg


そして、お土産はといえば、以前「北欧美女シンガー図鑑(その7 最終回) ~デンマークを彩る個性的な歌姫たち~」で紹介した、デンマーク出身の女性ジャズ・ヴォーカル、「セシリア・ノービー/Caecilie Norby」のアルバム。彼女のデビュー・アルバム、「セシリア・ノービー/Cæcilie Norby (1995)」が中古レコード・ショップで、何とワン・コインでした。こいつは春から ・・・・。

Caecilie Norby

Caecilie Norby / EMI Import



そのアルバムに収められているナンバーから、ソウル・シンガー、「カーティス・メイフィールド/Curtis Mayfield」のカバーで「Man's Got Soul」をライブ・バージョンで ・・・。いやあ、なかなかの迫力。

「Cæcilie Norby - Man's Got Soul (Live)」

          
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2013-01-04 00:19 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/19776365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 我が青春のテネシー・ワルツ  ... 春を願って ・・・ >>