大屋地爵士のJAZZYな生活

棚田に映る空

b0102572_1791240.jpg

b0102572_2145302.jpg

いつも季節ごとに定点観測?をしているお気に入りの場所、能勢町は「長谷の棚田」へ出かける。周囲の山は大分緑が濃くなってきていて初夏の気配が濃厚。下の方の田んぼは、すでに田植えが終わり、上の田んぼは水が張られ、すっかり田植えの用意ができている。あたり一面、いつものように静かである。聴こえるのは鶯の囀りくらい。下界は30度を超えていたが、ここはさわやかな風が吹いているので、そんな暑さは微塵も感じない。畔のそこここには「アヤメ」が咲いている。棚田に映る空の青さ、雲の白さ、山の緑 ・・・。いつものように、しばらく散策を楽しみ、「ああ!日本だ」とすっきりとした気分で、いつものように棚田を後にした。

b0102572_21555023.jpg

そして、お茶は、猪名川町のカフェ・レストラン「K'z deli (ケーズデリ)」ですることにする。丹波篠山に通ずる県道12号線、「道の駅いながわ」を北へ5分ほど、木津地区にある築150年の酒蔵を改装­した開放感溢れるカフェである。

壊される寸前だった造り酒屋の廃屋を、ホテルのシェフをしていたというオーナーが買い取り、釘を使っていない梁や柱などの重厚な造りをそのまま活かして、1年ほど前にリニューアル・オープンした店。

b0102572_22254495.jpg

奥の駐車場に車を止め、入口の方へまわる。ここはもとは、「花衣(はなごろも)」という地酒を造る醸造所とその酒蔵で、板張りの土壁、大きな瓦屋根、醸造所特有の高い煙突、樽、銘柄のプレート、古めかしいガラス窓などが、その名残を色濃く感じさせる。醸造所だった、およそ200㎡の高天井の重厚な空間は、解放感に溢れ、ゆったりとくつろげる。 隣接の蔵では、落語会やジャズ・コンサートなども企画されている。女性に人気らしく、やはりここも男性客は見かけず、殆どが女性客。まっ、その喧しいこと。私の現役時代、妻はどうだったんでしょうかねえ ・・・。

b0102572_15563739.jpg

静かに聴くJAZZとなれば、やはりピアノでしょうか。このところ、ピエラヌンツイ、ミラバッシ、ガラティ、グスタフセン、モジュジェル、スキバンなど、ずっとヨーロッパの美メロ・ピアノを紹介してきましたが、日本にも彼らに匹敵する美メロ・ピアニストがいる。確かこのブログでも一度取り上げたことがある、「Manabu Ohishi/大石学」。

「レディ・キム/Lady Kim」などのアルバムの歌伴で聴いてはいたが、彼名義のアルバムを聴いたのは、澤野工房の「澤野由明」社長がその音に惚れ込んで、ASシリーズ100タイトルの記念したアルバム「Wish」(2010)からである。その後、ソロ・アルバム、「Water Mirror」(2011)、トリオ・アルバム「Gift」(2012)と続き、今回、トリオ3部作の完結アルバム、「ETERNAL」が発売された。いままでの3枚が、澤野工房のカラーというか、日本人好みの美メロをちりばめたアルバムだったが、今回もその延長上ではあるが、トリオのインタープレイに焦点をあてたという。

さすが澤野社長が惚れ込んだだけあって、その澄み切った音色と、静寂の「間(ま)」の絶妙なバランスにいつも魅かれてしまう。静寂の「間」といえば、「トルド・グスタフセン」のそれを思い出すが、大石は、「間」の中にいつも「和」を感じさせる。ソロももちろんであるが、日本人以外のメンバーとのトリオにも、それを強く感じるのである。それが故に、いつも「ソロ」か「トリオ」で迷ってしまう。トリオであれば、「Wish」、「Gift」、新アルバム、「ETERNAL」、「PAINTED DESERT」、ソロであれば「Water Mirror」、「TOSCA」などが私のお気に入りである。

ETERNAL

マナブ・オオイシ・トリオ / 澤野工房



PAINTED DESERT

大石学トリオ / イーストワークスエンタテインメント



WATER MIRROR

マナブ・オオイシ / 澤野工房



TOSCA

大石学 / インディペンデントレーベル



澤野工房からのリリース・アルバムは、YOUTUBEに殆どアップされていない。澤野以外のアルバムから、トリオ、ソロ演奏を1曲づつ紹介しておきます。

トリオ・アルバム、「PAINTED DESERT」から、スタンダード「But Beautiful」。パーソナルは、大石学 (pf) 米木康志 (b) 原大力 (ds)。

「But Beautiful - Manabu Ohishi Trio」

          

ソロ・アルバム、「TOSCA」から、ダリやピカソの作品群から着想したというタイトル曲を ・・・。

「TOSCA - 大石学」

         
[PR]
by knakano0311 | 2013-05-24 09:34 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/20478657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 最近のおもちゃは ・・・ 家族連れ20人と竹パンを焼く >>