大屋地爵士のJAZZYな生活

梅田の地下街で道に迷う

b0102572_1712748.jpg


なんと、今年初めての大阪の街へのお出かけである。かっての業界仲間との暑気払いを兼ねた「飲み会」に出かけた。完全リタイヤしてからは、かっての職場の皆さんとの宴席は、殆どお断りしているが、ヨット部の仲間、入社同期の仲間、そして今回の業界仲間だけは例外である。

宴席の場所は北新地のはずれにある居酒屋。どうも幹事役がNETで探したらしい。さて、5月の連休前にオープンした話題の「グランフロント大阪」をちょっとだけ見ていこうと、阪急梅田駅を降りてから向かう。超高層ビルが立ち並んで、道も人の流れもすっかり変わってしまったが、まあ、東京やニューヨークと同じ大都会の佇まい。特に臆することもなく、「こんなもんか」と通りぬける。

b0102572_16405025.jpg
そして、これまた2011年にJR大阪駅をリニューアル改装した「大阪ステーションシティ」を通り抜ける。「時の広場」では、エキコンをやっていたが、時間がないのでパス ・・・。そして、目的地に通ずる地下街へと潜っていく。ちょうど、天神祭の「船渡御」と「奉納花火大会の日」とあって、大阪駅や地下街界隈は、浴衣姿の人も含めて、大変な人出。といっても、お上りさんの私にはそうであって、これが普通なのかもしれないのだが ・・・。

かっては、すいすいと目を瞑っていても、目的地を見失うことなどなかった梅田の地下街。今や案内表示を頼らないと目的地までたどり着けそうもない。案の定、一度方向を間違えてしまった。久しぶりの大阪・梅田の地下街で道に迷うという少し自信喪失の一日であったが、かっての仲間との出会いは楽しく、時間を忘れて飲みかつ喰い、話に興じた。

「道に迷った時のわたしの心境は?」といえば、「I'm an alien,I'm a legal alien」と繰り返し叫ぶ「スティング/Sting」のごときでありましょうや? 彼がソロ活動を始め、ジャズへ向かう第一歩となったアルバム、「Nothing Like the Sun」(1987)から、ニューヨークでカルチャーの違いに戸惑う男を歌った「Englishman in New York」。「エリック・クラプトン/Eric Clapton」、「ギル・エヴァンス/Gil Evans」、「ブランフォード・マルサリス/Branford Marsalis」など、ロック、ジャズ畑からのゲスト陣も豪華。

Nothing Like the Sun

Sting / A&M



【 Englishman in New York 】  作詞作曲;Sting

「♪ I don’t drink coffee I’ll take tea my dear ごめん、僕はコーヒーじゃなく紅茶なんだ
   I like my toast done on one side      それにトーストは片側だけを焼くのが好みでね
   And you can hear it in my accent when I talk  僕のアクセントを聴けば分かるだろう
   I'm an Englishman in New York         僕はニューヨークにいるイギリス人なんだ

   See me walking down Fifth Avenue    5番街を歩いている僕を見たら気が付くだろう
   A walking cane here at my side       ステッキを持っている僕に
   I take it everywhere I walk          歩くときはいつも持っているんだ
   I'm an Englishman in New York       僕はニューヨークにいるイギリス人なんだ

   I’m an alien, I’m a legal alien   ここではまるでエイリアン、何ら法には触れないが
   I'm an Englishman in New York  僕はニューヨークにいるイギリス人だから
   I'm an alien I'm a legal alien    ここではまるでエイリアン、何ら法には触れないが
   I'm an Englishman in New York  僕はニューヨークにいるイギリス人だから

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「Sting - Englishman In New York」
 
          
[PR]
by knakano0311 | 2013-07-27 16:54 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/20776434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ビオトープで小舟を浮かべる ふるさとエレジー(21) ~ ... >>