大屋地爵士のJAZZYな生活

レトロなパン屋さんのレーズン食パンが毎日の朝食

b0102572_1012228.jpg


我が家の朝食は、パン。しかもレーズン食パンと決まっている。もう何年間かずっとそうである。数年前、近くにオープンしたちょっとレトロな雰囲気の小さなパン屋さん、「Nico Nico Pann」のレーズン食パンを買い始めてからであるから、旅行などの日は除くと、毎朝である。はちみつのしっとり感、そしてもちもち感とレーズンの甘さ。これを食べ出してからは、ほかの食パンはもの足りなくなってしまった我が家の朝食の定番。定番というが、ただ変化を嫌っているだけかもしれないのだが ・・・。
 

同じように、わたしの生活の中で、ほぼ毎日流れている、つまりBGMとして定番化しているジャズ・アルバムのシリーズがある。といっても最近のことであるが ・・・。ひょんなことから、聴きだしたアルバム「Jazz for a Rainy Afternoon」をいたく気に入ってしまったのである。(参照拙ブログ「雨の日曜日に古きジャズを聴く」「狭き庭で始まる秋は ・・・」) 「ゆったりとして、優しくて、聴きやすい」とは妻の評判もあり、立て続けに、その「Savoy Jazz」のシリーズを購入してしまった。

b0102572_1053366.jpgb0102572_10531352.jpg
b0102572_10544834.jpgb0102572_1055196.jpg


「寺嶋靖国」氏の「Jazz Bar xxxx」シリーズなど、一部のアルバム以外にはいいものがなかったので、コンピ・アルバムには、ちょっと否定的になっていたが、このシリーズ、「The "Jazz For A Rainy Day"Collections」はいい。ジャケットにはこんなコピーが書いてあった。「They create the perfect background to the rare restful moments in life.」。

いわゆるJAZZ入門者にも、もう聴きすぎてすっかり苔むしてしまった私のような爺さんにも、ただ懐かしいだけでなく、心休まる和みと、しかしそれだけではない新鮮さも感じる。古き60年代を感じさせるレトロでムーディーなJAZZに身を任せながらのブログや作業。いやBGMとして最高のアルバム ・・・。「Jazz for When You're Not Alone」、「Jazz for When You're Alone」に続く4作目は、「Jazz for the Quiet Times」。そこから2曲ほどを ・・・。

Jazz for the Quiet Times

Various Artists / Savoy Jazz



b0102572_1762694.jpg

紹介する曲の最初は、「ソニー・クリス/Sonny Criss」こと、「ウィリアム・クリス/William Criss」。1927年生まれの ジャズ・サクソフォン奏者。ビ・バップの時代のアルト・サクソフォン奏者のスターの一人である。当時のサクソフォン奏者の多くと同じく、「チャーリー・パーカー/Charles Parker」の影響を受けた一人でもあった。1977年に胃がんを発病してからは、二度と演奏をせずに、病苦に耐えかねた結果、同年自殺して果てた。

斬新なデザインで知られる右のジャケットのアルバム、「Go Man!」が有名である。アップした曲は、「Jazz for the Quiet Times」に収録されている「Blues In My Heart」。同名のアルバムからのピックアップである。

BLUES IN MY HEART

SONNY CRISS WITH DOLO COKER / JAZZ BALL



「Sonny Criss - Blues In My Heart」

         
 

b0102572_17304255.jpg

そして、「ボビー・ハッチャーソン/Bobby Hutcherson」。1941年、ロサンゼルス生まれのジャズ・ヴィブラフォン奏者。ピアノから音楽に入ったが、友人のベーシストから、「ヴィブラフォンを買ってバンドに入らないか?」という誘いがきっかけとなって、この道に入ったという。数多くの作品を残しているが、1966年発売の「Happenings」が、「ハービー・ハンコック/」の参加もあって、今日でも人気がある。アルバム、「Color Scheme」からピックアップされたお馴染みのスタンダード、「Whisper Not」。

「Bobby Hutcherson - Whisper Not」

          
  
[PR]
by knakano0311 | 2013-10-16 09:48 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/21276129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 狭き庭に咲く秋は ・・・ 続・和製ボッサはもう懐メロか?... >>