大屋地爵士のJAZZYな生活

ポールがやって来た!

b0102572_102289.jpg
(写真は日本経済新聞より)

NHK夕方のニュース。元「ビートルズ/The Beatles」のメンバーの「ポール・マッカートニー/Paul McCartney」が、11年ぶりの日本公演を行うため、9日夜、小型ジェット機で関西空港に到着した。TVのニュースは、妻のナンシーさんに付き添われ、ビートルズ初来日の時と同じように、法被姿で現れ、両手を大きく振って、「ありがとう」と繰り返し、ファンの声援に応えていた。そしてTVに映るその姿はとても71歳とは見えない若々しいオーラに包まれていた。公演は11日と12日に大阪で、15日には福岡で、そして18日、19日、21日に東京で行われるという。

そして同夜、フィギュア―・スケートNHK杯のため、20分遅れてスタートしたNHK総合TV「SONGS」は、「ポール・マッカートニー」。
b0102572_10564963.jpg今回のワールド・ツアーのラスベガス公演のライブを中心に、ポールの生い立ち、ビートルズ結成・解散の話、解散後の彼の音楽活動を支えた亡き妻リンダさんへの思い、今回のツアーへの意気込みなどをインタビューを交えての特集であった。
 
「ビートルズ」が来日し、日本武道館でコンサートを行ったのが1966年。当時大学生だった私は下宿のTVで見ていたように思う。ただその頃は、学生バンドでベースを担当していたにも関わらず、むしろ「ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones」や「アニマルズ/The Animals」などR&B色の強いバンドに魅かれていて、「ビートルズ」の良さを改めて感じたのは、解散後であった。「ビートルズ」結成は1962年、50年近く経ち、解散、メンバーも亡くなってもなお世界の音楽界に影響を与え続けている「ビートルズ」、「ポール・マッカートニー」の存在。「偉大」という以外に言葉が見つからない。

そして、朝日新聞のインタビューに応えたポールは演奏するのが最も好きなビートルズの曲は、「ヘイ・ジュード/Hey Jude」だと語った。

「ヘイ・ジュード/Hey Jude」は、1968年8月に「ビートルズ」が発表した18枚目のオリジナル・シングル曲である。2004年に「ローリング・ストーン/Rolling Stone」誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500(The RS 500 Greatest Songs of All Time)」において、第8位となった。

THE BEATLES 1967 - 1970

THE BEATLES / Capitol



「The Beatles-Hey Jude」

          

そして、ビートルズ解散後の彼の曲の中で私が一番好きな曲は、「キアヌ・リーヴス/Keanu Reeves」、「サンドラ・ブロック/Sandra Bullock」主演の映画「イルマーレ(原題;The Lake House)」の挿入歌となっていた「This Never Happened Before」。

Chaos & Creation in the Backyard

Paul Mccartney / Concord



「Paul McCartney - This Never Happened Before」

         

 



 
[PR]
by knakano0311 | 2013-11-11 16:55 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/21445661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小雨のヨットハーバーで盛り上がる 色鮮やかに変わっていく >>