大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(35 ) ~梅一輪から満開へ~

b0102572_234114.jpgb0102572_23411645.jpg
b0102572_2342656.jpgb0102572_11402138.jpg
b0102572_2343651.jpgb0102572_23432315.jpg
b0102572_23433771.jpgb0102572_23435563.jpg


毎日のウォーキンが俄然楽しくなった来た。道筋に春の花が咲き始めたからである。

「スイセン(水仙)」、「菜の花」、「ロウバイ(蝋梅)」、「梅」は満開に。そして「枝垂れ梅」もちらほらと ・・・。「モチノキ(黐の木)」はびっしりと真っ赤な赤い実をつけたまま春を迎え、もう「ジンチョウゲ(沈丁花)」、「サンシュユ(山茱萸)」は、早く咲きたいとばかりに蕾を大きく膨らませ始めている。 そして日当たりのいい庭先では「ヤマブキ(山吹)」、「アセビ(馬酔木)」、「ボケ(木瓜)」も ・・・。そして、「早咲きの桜」?、いや「コブシ(辛夷)」でしょうか ・・・。

そして、夜の食卓。酒の肴に出るのは、先日、漁が解禁になった「いかなご(玉筋魚)の釘煮」と「ホタルイカ(蛍烏賊)」。いや、春はいい。

b0102572_1640689.jpg

春宵、今宵聞くのは、「お久しぶり熟女シンガー」でも取り上げた「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」。(参照拙ブログ「今季最後の炭焼きをほぼ終える」) そのアルバムは、「The Tierney Sutton Band/American Road」。

見ればわかるように、あくまで、「ティアニー・サットン・バンド/Tierney Sutton Band」として、バンド名義でのアルバムにこだわっている。ピアノの「クリスチャン・ジェイコブ/Christian Jacob」を始めとした不動のメンバーのサポートを受け、抜群のテクニックと歌唱力で、「Wayfaring Stranger」、「Amazing Grace」、「Summertime」など、アメリカン・ソングの数々を様々なスタイルで歌っている。

American Road

Tierney Sutton Band/ Varese Fontana



その中から2曲を ・・・。

  
「Tierney Sutton - Wayfaring Stanger」

          

「Tierney Sutton - Summertime」

          
[PR]
by knakano0311 | 2014-03-06 16:40 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/22185828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 遊びの山は冬に逆戻り ひな祭りです、お内裏様デュオです >>