大屋地爵士のJAZZYな生活

あふれはじめた春

b0102572_2329986.jpg


2、3日前、今年一番のポカポカ陽気だったそうだ。そんな陽気につられ、お茶をしに出かけた「宝塚あいあいパーク」にある植木屋さんの庭先には、「クロッカス」をはじめ、もういっぱいの春が溢れていた。

さて、春を感じさせる歌、月並みですが、「It might as well be Spring(春の如く)」。数あるカバーの中で、今日の私のチョイスは、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。アルバム、「In love again」に収録されています。ボーイッシュでコケティッシュなステイシーに惹かれ、ジャケ買いした彼女の最初のアルバムだったでしょうか。

b0102572_1651497.jpg

「It might as well be Spring」。1945年、映画「State Fair」のために、「オスカー・ハマースタイン2世/Oscar HammersteinⅡ」が作詞、「リチャード・ロジャース/Richard Rodgers」が作曲したスタンダードナンバー。歌詞を見ると、「春の歌」というよりは、不定愁訴というか、春の熱に浮かされたような落ち着かない乙女心を歌った、「春のような季節の歌」とでもいった方がいいかもしれません。私にはアレルギーがないのでわかりませんが、ひょっとしたら、歌詞だけ見ると、「花粉症の歌」といってもいいかもしれません。こう言ってしまうと身も蓋もなくなりますが ・・・。

「♪ I'm as restless as a willow in a windstorm   強風に揺れる柳のように落ち着かないし
   I'm as jumpy as a puppet on a string     操り人形のように飛び跳ねたりして
   I'd say that I had spring fever           春風邪にでも罹ってしまったのかしら
   But I know it isn't spring          今は春ではないってことは分かっているけれど

   I am starry eyed and vaguely discontented, 物思いに耽ったり、何となくイマイチの気分
   Like a nightingale without a song to sing    まるで歌を忘れたナイチンゲールのよう
   Oh why should I have spring fever   どうして春風邪なんかに罹ってしまったのかしら
   When it isn't even spring...             まだ、春ではないっていうのに
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

b0102572_173411.jpg

「ステイシー・ケント」。もう何回もこのブログで取り上げていますので、「またか」とお思いかもしれません。(参照拙ブログ「立春の朝に」「もう少しやさしい雨を ・・・」「わが心のミューズたち(2) ステイシー・ケント」「とどろく爆音に ・・・」など) 1968年 米ニュージャージー州出身であるが、1991年ごろロンドンへ移住、そこを拠点に活躍。1997年のレコード・デビュー以来、日本でも高い人気を誇る女性ヴォーカリスト。夫でもあり、プロデューサー、SAX奏者でもある、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」とロンドンで音楽活動を続けている。こんなところが、脱アメリカ系ボーカル、ヨーロッパの女性ボーカルとも共通するJAZZの香りがして、それが人気の理由かもしれない。2007年には、フランスのブルーノート・レコードと契約し、日系人作家「カズオ・イシグロ」の詩を取り上げた「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」は、グラミー賞にノミネートされた。夫、ジムとのおしどり振りについては、先日、「ひな祭りです、お内裏様デュオです」で紹介したばかり。

In Love Again

Stacey KentCandid



ボッサ・テイストで、春の日差しのように優しく 、ゆったりと ・・・・。もちろん、、「ジム・トムリンソン」のサックスも優しくサポート。

「Stacey Kent - It might as well be Spring」
 
          
 



 
[PR]
by knakano0311 | 2014-03-15 00:15 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/22251743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KICKS at 2014-03-16 09:03 x
こんにちは

ステイシー・ケント、いいですね~。私も『Breakfast on the Morning Tram』を聴いてファンになりました。

現在の女性ジャズヴォーカリストの中では北米代表がダイアナ・クラールなら、ヨーロッパ代表はステイシー・ケントだと思います。たしかNY出身だったと思いますが(笑)。

透明感のあるヴォーカルは勿論、少し上から目線気味のダイアナに対して背伸びしていないというか、親しみやすいオーラを有している点も彼女の魅力だと思います(^O^)。
Commented by knakano0311 at 2014-03-16 17:34
KICKSさん 「NY生まれ」という資料と両方ありますが、Wikipediaでは「South Orange, New Jersey」とありましたので、今回そちらに訂正しています。私が好きな歌手のなかで、「ジャネット・サイデル」と並んでもっとも、親しみやすく、聴きやすい歌手の一人です。
<< 早春の里山ツアー(1) ~クヌ... 地面を見ながらウォーキングする... >>