大屋地爵士のJAZZYな生活

Over The Rainbow

b0102572_22545829.jpg

 
台風8号の接近。数十年ぶりの超大型台風だとか、風速75mだとか、列島縦断だとか、相当に怖がらせる予報が相次いだ。風による被害を想定して、早めにと日よけのために張っていたサンシェードを全て外し、色々の物を片付けて接近に備えた。定例の山作業も中止とした。我々の地域ではやや強めの雨だけで、結果空振りであったが、ホッと一安心。夕方には陽が差し込んで、大きい綺麗な虹がかかった。

思わず口ずさんだ歌は、「虹の彼方に(Over The Rainbow)」 ・・・・・。そして歌うは、もうこのブログでも何回も取り上げた、生前4枚のアルバムを残して早世してしまった、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」。(参照拙ブログ「今もひそやかに唄い続ける ・・・ ~エヴァ・キャシディ~」「路傍の花、樹々の鳥(4) ~愛鳥週間~」「夭折のミューズたち ~盂蘭盆に偲ぶ~」 などなど)

   
彼女の死後、リリースされた、いわばオマージュ・アルバムがいくつかあるが、その中で、1996年ワシントンDCの著名なジャズクラブ「Blues Alley」でのライブでの「Over The Rainbow」を収録したアルバム。

Simply Eva

Eva Cassidy / Blix Street



心が洗われていく ・・・。
   

「Eva Cassidy - Over the Rainbow」

 
          
[PR]
by knakano0311 | 2014-07-10 23:34 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/22929885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-07-12 06:53
台風一過、都会に巨大な虹が出ました。
見比べてしまいましたよ!。
ビルとビルの隙間から、電線だらけの空、日当りと雲が覆う空間
辺りが一面ピンク色に変わりました。
Commented by knakano0311 at 2014-07-12 10:24
reikogogogo さん   都会であれ田舎であれ、虹は人を感動させますね。単なる自然現象、光学現象なのに ・・・。
Commented by KICKS at 2014-07-13 18:39 x
こんばんは。

ゴルフではありませんが、思わず『ナイスショット!』と叫びたくなるくらいの虹画像ですね(^o^)。

エヴァ・キャシディ、始めて聴きましたが、なかなかいい感じですね。私の好きなシェリル・クロウを思わせる歌声&プレイスタイルに聴き入ってしまいました(*^ー^)ノ♪
Commented by knakano0311 at 2014-07-14 00:27
KICKS さん    今晩は。「エヴァ・キャシディ」、おすすめです。生前4枚ほどのアルバムを残してなくなってしまいました。いつ聴いても心洗われます。イチオシは「Live At Blues Alley」でしょうか。
<< やがては華麗なメタモルフォーゼ... 子供達とヤマモモを採る >>