大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(40) ~ 花言葉は「人嫌い」 ~

b0102572_13543086.jpg


風に揺れる蔓に咲く、花弁は白色、中心は紅紫色の可憐な花。ウォーキングの道筋で見かけた「ヘクソカズラ」である。漢字で表すと、なんとまあ、「屁糞葛、屁屎葛」。私が知っている中で、最もユニーク?かつ醜悪な漢字表記の植物である。

「ヘクソカズラ」は、アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草で、至る所に生えている、まあ、「雑草」と呼ばれる類の植物である。葉や茎に悪臭があることから「屁糞葛」の名があり、古名は「クソカズラ(糞葛・屎葛)」で、万葉集に詠われているという。(Wikipedia参照) たぶん進化の過程で、自分の身を守るため、他の動物を寄せつけないようにしたのだろう。しかし、手で花や、葉、茎などをちぎって嗅いでみたが、なぜか少しも臭くはなかったのである。その臭さを一度は体験してみたいものである。なんと、花言葉は、その臭いが人を寄せつけないことから、「人嫌い」だそうだ。

「有川浩」の恋愛小説、「植物図鑑」の第1章にこの花が出てくる。「有川浩」には珍しい淡々としたストーリー仕立ての恋愛小説である。そこには、「花の姿の愛らしさは『雑草』の中でもかなり上位に入る」と弁護するように書かれている。また、「『雑草という名の草はない。すべての草には名前がある』と昭和天皇は仰ったそうです」とも書かれていた。

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です。」 思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。「樹(イツキ)」という名前しか知らされぬまま、風変わりな同棲生活が始まった。野草料理のレシピ付き。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎


 
b0102572_1095860.jpg

前回、「チャーリーヘイデン/Charlie Haden」とのデュオ・アルバム「Jasmine」を聴いて、私の「キース・ジャレット/Keith Jarrett」への違和感が少し是正されたことを書いた。食わず嫌いの抵抗感が薄れた後、少しさかのぼって、うめき声を我慢しながらいくつか聴いてみた。そんな過程で見つけたソロ・ピアノによるスタンダード曲集が、「The Melody At Night, With You」である。

1996年のイタリアでのコンサート中、ジャレットは「慢性疲労症候群」のため、演奏することもままならない状態に陥り、自宅での療養を余儀なくされた。一時期はピアノを弾くことや外出はおろか人と会話する体力さえ無く、暗い闘病生活を送ったという。1998年に入ってやっとピアノが弾けるようになるまでになり、ようやく復活の兆しが見えた頃に、自宅のスタジオにて録音されたのがピアノ・ソロ作品。この作品は療養中、彼を献身的に支えた妻の「ローズ・アン・ジャレット/Rose Anne Jarrett」に捧げられている。5トラック目にさりげなく忍び込ませた「My Wild Irish Rose」にその深い思いも感じられる。

 
よく言えば、ユニーク、個性的。ややもすれば、アレンジやアドリブに押し付けがましもを感じながら、完全には違和感は払拭できなかったものの、このアルバムは、シンプルで、素直に原曲の美しさを際立たせ、祈りすら感じられる。まさに名盤と言って差し支えないほどのスタンダード・バラード集。

The Melody At Night, With You

Keith Jarrett / Ecm Records


 
フル・アルバムがYOUTUBEにアップされていました。トラック4の「Someone To Watch Over Me」、トラック9の「Shenandoah」などは思わず涙が溢れそうな祈りに満ちている。

「Keith Jarrett - The Melody At Night, With You (Full Album)」
 
          
 


 
[PR]
by knakano0311 | 2014-07-16 16:31 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/22951930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-07-16 22:36
本おもしろそうですね。
此の花の名前知りませんでしたが,花は可憐で魅力的です。蔓を切ったら本当に嫌な匂いがして、思わず捨てました。かぶれるのかと思ったのですが其れは大丈夫でした,今年はまだ見ていません。
Commented by knakano0311 at 2014-07-17 12:52
reikogogogo さん   姿と名前のギャップが面白いですね。ほとんど臭わなかったのでまた試してみようと思います。
<< 路傍の花、樹々の鳥(41) ~... すわ!大捕物か? >>