大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(42) ~ 炎天の花もそろそろ ~

b0102572_1657412.jpg


6月の下旬から眼を和ませてくれているご近所に咲く、炎天の花、「ノウゼンカズラ(凌霄花)」。もう下の方の花は散り、入道雲と鮮やかなコントラストをみせているのは、上の方に咲く花。長らく楽しませてくれたが、そろそろ終わりかな ・・・。いろいろあったこの夏も去ろうとしている。歳をとると、季節が過ぎゆくのが速く感じるという。

b0102572_1092833.jpg

さて、タンスから取り出してきたのは、「エルマー・ブラス・トリオ/Elmar Brass Trio」。アルバムは、ひと夏の夢の終わりにふさわしいかな? 「Night Dreamer」。

「エルマー・ブラス/Elmar Braß」。ドイツの男性ピアニスト。1979年生まれの若さ。ナイジェリアで育ったが、帰国後11歳の時よりピアノのレッスンを始め、その後音楽学校で、ジャズ&クラシック・ピアノを学び、「モントルー・ジャズ・フェスティバルにも参加したという。ほとん馴染みがないが、いままでに3枚ほどアルバムをリリースしていて、澤野工房が注目し、2010年に期待して日本で売り出した若手。そんな情報しかありません。

日本デビュー。アルバムは、「ウェイン・ショーター/Wayne Shorter」で知られた「Night Dreamer」がタイトル。リラックスした雰囲気と小粋にスウィングするピアノですが、やはり、クラシックにベースを置く、欧州らしい気品、雰囲気が顔を出す。サポートは、「Markus Schieferdecker (bass)」、「Guido May (drums)」。

b0102572_23515595.jpg

NIGHT DREAMER
エルマー・ブラス・トリオ/澤野工房

Elmar Brass : piano
Markus Schieferdecker : bass
Guido May : drums



残念なことにTOUTUBEには、まったくアップされていません。澤野工房の紹介ページより試聴ください。
 



 
[PR]
by knakano0311 | 2014-08-20 22:57 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/23192336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(43) ~... お客さんはカラフルでした >>