大屋地爵士のJAZZYな生活

珍しいものを頂きました

b0102572_2304258.jpg
b0102572_2371473.jpg

家庭菜園をしている山の仲間から、珍しいものを頂きました。果肉が細長い素麺状になることから、「ソウメンカボチャ(素麺南瓜)」とも呼ばれている「金糸瓜(きんしうり)」です。「ソウメンウリ(素麺瓜)」、「イトカボチャ(糸南瓜)」とも呼ばれているという。カボチャ類の中では比較的カロリーが低くてあっさりしており、日本では、酢の物やマヨネーズ和え、サラダ、あるいは、その名のとおり、素麺つゆにつけて素麺のごとく食べる。欧米では主菜のつけ合わせに用いられることが多く、パスタの代わりにソースをかけて食べることもある。中国上海市の崇明島では特産品のひとつとなっており、漬物に加工することも行われているという。

b0102572_2373999.jpg

右の写真がそのままのもの、左はヘタと先を切り落として適当な大きさに輪切りにし、茹でている状態の写真である。沸騰しているお湯で茹で、10分ほどしたら冷水で洗い、果肉をほぐすと素麺状になる。一目瞭然と言いたいところだが、茹で加減を間違えたのか、長い素麺にはならず、ブツブツに切れてしまったのが、冒頭の写真。それでもまあなんとか、素麺カボチャとしての体裁はかろうじて保っている。
 
b0102572_23273157.jpg

上手に茹でれば、こうなるはずだったのが、NETで調べたレシピに載っていた右の写真である。しかし、茹で上がった我が家の「ソウメンカボチャ」、結構シャキシャキ感もあり、よく味わうと、やはりほんのりとカボチャの味がする。レシピの通り、素麺つゆとドレッシングを用意し、二通りの食べ方で、美味しくいただきました。たまに、「ソウメンカボチャ」のように、初めて食べる野菜をいただくことがある。この歳になると、食べることが日々の生活の中で大きな比重を占めている。「おかひじき(岡鹿尾菜)」や「むかご(零余子)」もそうであったが、新しい食感や味を前にすると、ワクワクしてしまうのである。

b0102572_23553019.jpg

そんなワクワク感で、先回思いだしたのが、ロシア出身のピアニスト、「ウラジミール・シャフラノフ/Vladimir Shafranov」。「ウラジミール・シャフラノフ」といえば、ヨーロッパJAZZ紹介の草分けの関西のレーベル、「澤野工房」の看板ピアニストの一人でもある。1948年レニングラード生まれ、現在はフィンランドに移住し、ヘルシンキを中心に活躍している円熟の欧州ジャズ・ピアノの中心人物。
  
数年前に、「ひょうごクリスマス・ジャズ・フェスティバル」でのコンサートを聴きに行ったことがあるが、とにかくよく歌うピアノである。まるで水が流れるように、小鳥が舞い遊ぶように、指が鍵盤を縦横に走る。(参照拙ブログ「聖夜のジャズ・コンサート」) その実力は、「ペール-オッラ・ガッド/Per-Ora Gadd」のアルバム、「There Goes My Heart」(2004年)でも十分に感じとることができた。

そんな「ウラジミール・シャフラノフ」の名を高めたのが、長い間幻の名盤とされ、「寺島靖国」氏が取り上げたことで注目され、澤野工房から復刻された「WHITE NIGHTS」。ロシア出身ながら北欧の哀愁と透明感を感じさせてくれる。

WHITE NIGHTS

ウラジミール・シャフラノフ・トリオ / 澤野工房



「White Nights - Vladimir Shafranov」 パーソネルは、「Vladimir Shafranov (pf)」、 「George Mraz (b)」、「Al Foster (ds)」とアメリカの達人が脇を固めている。

          

軽快なボッサを含むスタンダードを中心としたライブ・アルバム。

Vladimir Shafranov Trio - LIVE IN HELSINKI [DVD]



「Vladimir Shafranov Trio - Blue Bossa」  パーソネルは、「Vladimir Shafranov (p)」、「Pekka Sarmanto (b)」、「Jukkis Uotila (ds)」。2001年12月ヘルシンキのジャズ・クラブで。

          

ラテン、スタンダード、クラシック ・・・と、ジャズの様々な表情を自由自在に引き出して楽しませてくれる。パーソネルは、「Vladimir Shafranov (piano)」、「George Mraz (bass)」、「Billy Hart (drums)」。

EASY TO LOVE

ウラジミール・シャフラノフ・トリオ / 澤野工房



クラシックをスインギーにジャズアレンジしたショパンの「ノクターン」。

「Vladimir Shafranov - Nocturne」 
 

          
[PR]
by knakano0311 | 2014-10-08 09:48 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/23499510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アサギマダラはやって来ませんが... お好きな服は? >>