大屋地爵士のJAZZYな生活

アサギマダラはやって来ませんが ・・・

b0102572_2255188.jpg
b0102572_10204492.jpg

この時期、我が家の「フジバカマ(藤袴)」には、「アサギマダラ(浅葱斑)」はこないが、そのかわり、「シジミチョウ」が頻繁に訪れる。私たちの身の回りによくいる蝶であるが、よく見かけるのが、「ヤマトシジミチョウ(大和小灰蝶、大和蜆蝶)」。翅裏は薄いグレー地で黒い斑紋、表は明るい水色、小さいがとても綺麗である。日本では、本州以南に分布し、平地の道端や耕作地付近に生息し、人家周辺でよく見られるという。

b0102572_22584378.jpg

 
そして、「山をも滅ぼす」という恐ろしげな名のついた「ヤマホロシ」も、長いあいだ咲いて、まだ私の眼を楽しませてくれる。恐ろしい名前であるが、日本にもともと自生し、繁殖力が強い、本来の「ヤマホロシ」という名前の植物とよく形が似ていて混同され、名前の響きもいいので、混同されたその名のままで売られているという。本名は、「ツルハナナス(蔓花茄子)」、通称、「ヤマホロシ(山保呂之)」。

b0102572_16411131.jpg

さて、その名が全く似つかわしくない可憐な花を持つ、「ツルハナナス(蔓花茄子)」であるが、NETで久しぶりに見つけた、新しきわが「ロリータ・ヴォイス」のご紹介。その名は「キャット・エドモンソン/Katherine "Kat" Edmonson」。ちょっと、ショートカットでキュートでコケティッシュな容姿は、デビューの頃の「ステイシー・ケント/Stacey Kent」のような雰囲気がありますね。

私は知りませんでしたが、「キャット・エドモンソン」は、まだ無名でありながら、2012年にリリースした自身2作目のアルバム、「Way Down Low」でじわじわと、女性ヴォーカル・ファンを魅了したアメリカの可憐なヴォーカリスト。その歌声を「ニューヨーク・タイムズ」は「春の花束のようにフレッシュ」と評したという。ささやくように繊細なその歌声は、一聴すると、「ロリータ・ヴォイス」。しかし、これはジャズですね。自由に漂い、深く響く。

Way Down Low

Kat Edmonson / Imports



このプロモーション・ビデオ(Lucky)を見れば、一気にノックダウンされてしまうのではないでしょうか。私の「秘密の花園入り」は間違いなし。

「Kat Edmonson- Lucky (OFFICIAL MUSIC VIDEO) 」




b0102572_1785684.jpg

「キャット・エドモンソン」。1983年、テキサスはヒューストンの生まれのシンガー・ソングライター。一人っ子でシングルマザーに育てられた彼女は、母親から1920~50年代の古きアメリカのPOPSをレコードや、映画などでよく聴かされ、9歳の時には、もう曲を作曲していたという。地方のクラブでシンガーとして働いていた彼女は、2009年にスタンダードやPOPSのカバーを中心にしたデビュー・アルバム、「Take to the Sky」をリリース、ビルボード誌、ジャズ部門でトップ20にランクインする。そして、ほとんどがオリジナル曲で構成した2作目、「Way Down Low」でブレイクし念願のスターダム入りを果たす。2013年には、全米ツアーを行い、2014年には、第3作目、「The Big Picture」がリリースされた。 ちなみに、オフィシャル・サイトはこちら。

b0102572_17103731.jpg

Take To The Sky
Kat Edmonson
Convivium Records





「Kat Edmonson - Summertime」  ラストは、「ニーナ・シモン/Nina Simone」でもお馴染みの「フィーリング・グッド/Feeling Good」で締めくくられれる粋なアレンジ。

          

彼女自身の詩によるオリジナル、ボッサ・テイストが心地よい「Just Like Heaven」。

「Kat Edmonson - Just Like Heaven」

          

彼女を一躍スターダムに押し上げたセカンド・アルバム、「Way Down Low」から、「What Else Can I Do」。

「Kat Edmonson- What Else Can I Do」

          

買おうか、買うまいか ・・・? 相当に揺れていますね、私 ・・・・。
[PR]
by knakano0311 | 2014-10-09 15:52 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/23527729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-10-10 19:26 x
とても小さくて、写真におさめられない蝶、奇麗ですね。アサギマダラにしても自然は素晴らしく色彩の豊かな昆虫を生んでいますね。
そうめんカボチャですか?そうめんうりというのも有るのですか?見た事が有るのですがカボチャだったのか、うりだったんか?解っていないのです。
Commented by knakano0311 at 2014-10-10 22:49
reikogogogo さん  今晩は。「そうめんカボチャ」のまたの名を「そうめんうりというらしく、同じものです。味はかぼちゃのですが、見た目は瓜です。「ヤマトシジミチョウ」、小さくて今までほとんど目にも留めなかったのですが、写真にとって初めてこんな綺麗な蝶だと気づきました。ひょうたんかぼちゃというのもあるんですね。
<< 今年初の黒枝豆でビールが美味い 珍しいものを頂きました >>