大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(53) ~ 紅葉一色のはずだが ・・・ ~

b0102572_1702330.jpg

b0102572_1704743.jpg

いずれもウォーキングの道筋にある見事な紅葉。上は小学校の校庭にある、別名、「サンカクバフウ(三角葉楓)」、「タイワンフウ(台湾楓)」などとも呼ばれる、「フウ(楓)」である。よく見ると、褐色で棘のある球状の集合果が成熟している。下はお馴染みの「イロハカエデ(いろは楓)、イロハモミジ(いろは紅葉)」である。「なぜこれほどまでに ・・・」と思うくらいの色に染まっている。

b0102572_17104143.jpg

そして、不思議なことにこの時期に咲く桜。何年か前に最初見た時は、「まさか桜ではあるまい」と思ったが、どう見ても桜である。この時期に咲く種類の桜なのか、春だけでなく秋にも開花する「狂い咲き」、「二度咲き」の桜なのか、そのへんはよくわからない。いずれにしても、いつもこの時期咲くので、最初はびっくりしたが、最近は開花を心待ちするようになった。

b0102572_10455597.jpg

さて、今宵のおひさしぶり女性シンガーは「カラブリア・フォーティ/Calabria Foti」。ニューヨーク生まれ。音楽一家に育ち、幼い頃から身の回りには音楽があふれていたという。「家族でクラシックのコンサートやジャズクラブにもしょっちゅう行っていたし、初めて習った楽器はジャズギターとベースだった」と彼女は語る。12歳になる頃には、もう両親たちとホテルやナイトクラブのステージにたっていたともいう。「エラ・フィッツ・ジェラルド/」、「ペギー・リー/」、「フランク・シナトラ/」、「サミー・デイビス・ジュニア/」 ・・・などの大物シンガーの歌をよく歌っていたというが、どうすれば彼らと同じように観客の心を掴めるのかということを意識して歌っていたというから、末恐ろしい12歳であったようだ。

やがて認められ、2005年、「When A Woman Loves A Man」でデビュー、それに続くセカンドアルバムになったのが、「A Lovely Way To Spend An Evening(恋に過ごせし宵)」。優雅なジャケットもそうであるが、その歌唱も上手いだけでなく、育ちの良さ、品のいい色気を感じる。

恋に過ごせし宵

カラブリア・フォーティー / キングレコード



「Ballads & burton」での「アン・バートン/Ann Burton」の歌唱に匹敵するくらい、情感豊かに優雅に歌う。「Calabria Foti - A Lovely Way To Spend An Evening」

          


「Calabria Foti - I Wanna Be Loved」

          
 



  
[PR]
by knakano0311 | 2014-11-24 17:42 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/23774748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-11-26 12:04
抜ける様な空の色と、真っ赤な紅葉、桜の枝振りと花、何時も沢山の美しさを魅せてくれてありがとう。
クヌギの炭藻楽しみです。
Commented by knakano0311 at 2014-11-26 13:39
reikogogogo さん  いつも有難うございます。入院とのご様子、一刻もはやい回復お祈りします。
<< 紅葉の山目指してロケットを飛ばす 天蚕の繭を見つけて >>