大屋地爵士のJAZZYな生活

なにかと年の瀬は ・・・

b0102572_1432014.jpg

b0102572_1444377.jpg
 
いよいよ年の瀬。不思議なことに何をするわけではないが、なにかと気ぜわしく、忙しく感じてしまう季節。大したことはしないのだが、息子も帰省していることもあるし、大晦日、正月の料理の仕入れに出る。といっても荷物運びというのが実態ではあるが ・・・。団地の商店街も、近隣の大型スーパーも買い物客でいっぱい。多分明日あたりはピークに達するだろうから早めにというのであろう。昨年までは、「おせち」の予約もしていたが、3日目ぐらいには飽きてくるし、そう感激するような味でもない。今年は、すこしずつ好きなものだけ買い集めて食べようということにした。

それにしても、「おせち」などに代表されるように、季節季節によってバラエティに富んだ旬の素材を使い、料理に願いや意味を込めて、「食」を楽しむのは、日本ぐらいではないだろうか。中国の正月の餃子、欧米のクリスマス料理、ドイツのホワイト・アスパラガスなどを別にすれば、海外、どこへ行っても年がら年中、同じメニューの料理だったような気がする。季節と食、くらし方、行事など人の生活との結びつきがこれほどまでに強く鮮やかなのは日本だけでは ・・・。日本人の伝統的な食文化、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたのもよくわかる。

b0102572_22445723.jpg

さて、年末伝統の歌番組といえば、「NHK紅白歌合戦」。大トリは「松田聖子」とか ・・・。「知らない、団体さんばかり、つまらない」と言いつつも、通しでは見ないものの、やはりトリ近くになると見てしまうのも世代というか歳のなせる仕業か。洋楽のPOPS界でそんな番組があったら紅組のトリは誰がいいだろうか? そんな想像で思い浮かんできたのが、とびきり派手で、セクシーで、ビジュアルな「カイリー・ミノーグ/Kylie Minogue」。前回登場の「、「カーリンク・ローグ/Karin Krog」とよくごっちゃになったりもしましたが ・・・。ジャズ歌手ではないため、滅多に聴くことのない「お久しぶり歌姫」ではあるが、写真のコスチュームはどうでしょう。まさしく紅白歌合戦的ではありませんか ・・・。

b0102572_2363834.jpg  

「カイリー・ミノーグ」。1968年、オーストラリア・メルボルン生まれのシンガー・ソングライター。女優でもあり、セックス・シンボル的存在でもある。父親はアイルランド系、母親はウェールズ系で、現在は、イギリスを主な活動拠点としている。1987年に歌手デビュー後、母国オーストラリアやイギリスを中心に大ヒットを数多く飛ばし、現在に至っている。

一時期は低迷した時期もあったらしいが、2000年代に入って復活。私が知ったのもそのアルバムであるが、2001年に発表された「フィーヴァー/Fever」が大成功、以降はその歌唱力だけでなく、華やかなステージ演出のセンスや、斬新かつ奇抜なステージ・ファッション、スタイリッシュなミュージック・ビデオなどビジュアル面にも話題が集まるようになった。また歌手活動と並行して、女優活動や香水などのプロデュースも行っているという。いままでの音楽作品の総売上枚数は7000万枚以上だそうだ。(Wikipedia参照)

b0102572_2317504.jpg

御歳46歳。「美魔女」との呼び声も高い「カイリー・ミノーグ」。Googleで調べると、たしかにそんな呼び声も納得できる相当に刺激のある写真も沢山見ることができるが、ここではこの程度にしておきますので、興味のある方はぜひ各自、「Kylie Minogue」で画像を検索してください。


そんなの彼女の最新作は、2014年の「Kiss Me Once」。そのオフィシャル・プロモーション・ビデオもかなりセクシー、まさに「美魔女」の本領発揮。このブログの今年の「トリ」の歌姫になりますかどうか? いやはや ・・・。

「Kylie Minogue - Sexercize - Official Video」

          

復活を遂げた契機となったアルバム、「フィーヴァー」(2001年)、YOUTUBEにフルアルバムがアップされています。

フィーヴァー

カイリー・ミノーグ / EMIミュージック・ジャパン



「Kylie Minogue - Fever (2001) [FULL ALBUM] 」

          

最新作「キス・ミー・ワンス」(2014年)のフルアルバムもアップされていました。

Kiss Me Once

Kylie Minogue / Parlophone (Wea)



「Kylie Minogue - Kiss Me Once [Full Album]」

          
 



 
[PR]
by knakano0311 | 2014-12-30 22:44 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/23940549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 我が家の味は健在 今年も手作りのミニ門松を贈る >>