大屋地爵士のJAZZYな生活

芽吹きを促すやさしい雨

b0102572_13121690.jpg


雨である。暖かくやさしい雨である。車検が近づいてきたので、近くのディーラーまで車を預けに行った。もういらないだろうと思うので、スタッドレス・タイヤを元のタイヤに戻してもらうことも頼んできた。この冬、度重なる帰省で、相当お世話になったタイヤである。こんなことにも、春を実感するのである。車を預けた帰りは、久しぶりに電車に乗って帰ってきたが、若葉が芽吹き出し新緑が鮮やかになった車窓から見る景色が、さらに春を実感させる。そして玄関脇の椿の若葉も雨に濡れて一層鮮やかに ・・・。

さて、月並みですが、「やさしい雨/The Gentle Rain」を選んでみました。歌うのは何度も登場している「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。もう長いあいだ私がご贔屓にしている「ジャズ・ソングバード」とも呼ばれている女性ヴォーカル。

b0102572_13495730.jpg

「ステイシー・ケント」。1968年、ニューヨーク生まれ。大学では文学を専攻したらしいが、1991年のヨーロッパ旅行の際、ロンドンで英国のミュージシャンと交流を深め、以後ロンドンを拠点に活動中。1997年に、「クローズ・ユア・アイズ/Close Your Eyes」でデビュー。以後、彼女名義では10作程のアルバムをリリースしている。2007年にブルーノートに移籍、移籍後も、日系人の「カズオ・イシグロ」を作詞に起用したり、全編フランス語のアルバムをリリースしたり、意欲的な活動を展開している。その、移籍第1弾アルバム「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」はグラミー賞にノミネートされた。

b0102572_13521934.jpg

彼女の持ち味は、さわやかで、しかも暖かみを感じさせる歌声。夫は彼女の音楽監督でもあるサックス奏者の「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。

その「ジム・トムリンソン」名義のアルバム、「ブラジリアン・スケッチ/Brazilian Sketches」(2001)の中で、彼女が4曲ほど歌っているうちの一つが、、「やさしい雨/The Gentle Rain」。「黒いオルフェ」の作曲者として知られる「ルイス・ボンファ/Luiz Bonfa」の名曲ですね。サックスを中心としたバックによる上質なサポートを得て、ソフィスティケートされた極上のボッサ・サウンド世界を作り上げています。

ソー・ナイス~ブラジリアン・スケッチ~

ジム・トムリンソン / キングレコード



「Stacey Kent - Gentle Rain」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-04-13 13:54 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24355923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 地球を活け花する男がいる 再びJAZZを聴き始めるきっか... >>