大屋地爵士のJAZZYな生活

気がつけばもう13万kmに ・・・

b0102572_1071176.jpg

車検に出していた車をディーラーから引き取ってきた。2004年に父が他界し、一人で暮らす母親のケアに実家まで帰ることが多くなることを予想し、タフな車をということで、定年退職後の翌年2007年3月に買った車である。半年ごとの定期点検整備を欠かさないためか、期待に応えて、至極ご機嫌に走ってくれている。

元来、車に乗ることが好きで、長時間運転していても、いままではあまり疲れることもなかったが、特に今年の冬は、スタッドレスタイヤを装着し、頻繁に弾丸帰省を繰り返し、吹雪の高速や雪道、凍結した道も随分走り、気を遣うドライブであった。そして気が付けば、ほぼ13万km。年間平均1.6万kmほど走った計算になる。

今回、バッテリーの交換など車検も含め、定期点検の整備の費用が結構高かった。そこは年金生活者、「う~~ん」と一瞬考えたが、新しく車を買い換えることを考えれば、気に入っているこの車を乗り続けたほうが得策だろうと判断した。それを見透かしたかのようにディーラーのオーナー、「お客さんで20万kmを超えても乗っている方がいますよ」だって ・・・。もうすぐ70歳。運転技量を過信しないよう、安全運転で ・・・。

メンテを終えて帰ってきた愛車の乗り心地やドライビングの感じは、すっかり最初の頃のそれに戻っていた。

b0102572_1792356.jpg

車に因んだということで、前回と同じ「エリック・クラプトン&B.B.キング/Eric Clapton & B.B. King」の傑作アルバムから。「ギターの神様」が最も敬愛する「ブルースの巨人、B.B.キング」と共演するスタジオ・アルバム。「エリック・クラプトン」と「B.B.キング」がはじめて2人でレコーディングしたのは、キングの1997年のアルバム「Deuces Wild」にクラプトンが参加した時だったという。この共演に気をよくした2人は、それからほどなく再度の共演、アルバム制作を決心し、2000年にリリースされたのが「ライディン・ウィズ・ザ・キング/Riding With The King」。

Riding With the King

B.B. King / Reprise / Wea



フルアルバムがアップされていました。

「Riding with the King (B.B. King and Eric Clapton album)」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-04-21 10:08 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24362163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(69) ~... 路傍の花、樹々の鳥(68) ~... >>