大屋地爵士のJAZZYな生活

炭火で飯を炊く

b0102572_1333161.jpg

b0102572_13331765.jpg

毎年冬に、かってはこの地域の特産品であった「菊炭(一庫炭、池田炭とも)」を焼く、いわゆる炭焼きの技術を伝承するためにボランティアで炭を焼いている。しかし、始めてからもう5年、家に持ち帰ってきた炭が溜まる一方である。「クヌギ(櫟、椚)」を原材料とし、今では茶会などで使われる炭である。BBQなどにはもったいないが、溜まる一方でそんなことも言っていられない。私は、茶の湯や家庭菜園もしないし、BBQもしないので、もっぱら、消臭剤、湿気取り、飾り炭などがもっぱらであるが、そんな程度では一向に炭は減らないのが悩みの種。

そこで、去年買ってあった「七輪(しちりん)」を引っ張り出してきた。気候もよくなってきたので、土鍋で飯を炊こうという算段である。ふたり分で二合、ちょうど炊くのにいい量である。私は炭で火を熾(おこ)すのは熟れているが、炭で飯を炊くのは初めて。妻とて同じである。火を熾し、土鍋をかけてから30分ほどで、湯気が出、香ばしい匂いが漂い始めてから、七輪から土鍋を。おろす。しばらく蒸してから蓋をとると、柔らかすぎでも硬すぎでもなく、むろん芯もなく、ちょどいい具合にふっくらと炊き上がっていた。米が立っているのである。もちろん旨いことは言うまでもないが、これに味をしめた妻は、「毎日、炭で飯を炊く」と言い出した。火を熾し、始末をするのは私なんですが ・・・。

炭焼き技術の伝承はしっかりできるようになったが、炭のニーズの掘り起こしはまだまだ。消費の方も知恵を出して考えなくては、炭焼きは完結せずに、宝の持ち腐れとなってしまう。こちらの方は、技術の伝承より、はるかに難しいようだ。

b0102572_142314100.jpg

さて、炊き上がった旨い飯を食いながら想像するのは、稲穂、一面黄金色になる秋の田んぼ。聴こえてくるのは、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」の「Fields Of Gold」。オリジナルは、「スティング/Sting」。

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  You'll remember me when the west wind moves  大麦畑の上を西風が流れていく時
  Upon the fields of barley                   君は僕を思い出すだろう
  You can tell the sun in his jealous sky    嫉妬している空に輝く太陽に言っておあげよ
  When we walked in fields of gold   黄金色に輝く世界を僕たちは歩んできたのだと ♪」

ボーカリスト、「エヴァ・キャシディ1963年 - 1996年)」は、アメリカ、ワシントンD.C.に生まれ、その近郊で育つ。年少の頃から音楽・芸術への興味を示し、エヴァが9歳のときにギターを弾き始めたという。1992年にジャズ、フォーク、ゴスペル、カントリー等の音楽を独自の解釈で表現した「The Other Side」でデビューするも、ほとんど知名度はなかった。残念なことに、1996年に33歳の若さで 皮膚癌により死去。

b0102572_15582885.jpg

エヴァ死去の4年後、カヴァー曲の「虹の彼方に/Over the Rainbow」が、イギリスBBCラジオ2で紹介されたことをきっかけに大きな反響を呼ぶ。程無くしてリリースされたコンピレーションアルバム「Songbird /虹の彼方に」が、イギリスのアルバム・チャートのトップになる。アルバムが発売されてからおよそ3年後のことだった。

そんな悲劇のディーヴァ、私のご贔屓のひとりで、何回もこのブログで取り上げた。ジャズ、ブルース、フォークソング、カントリー、ポップスなど幅広いジャンルの曲を、ギターの弾き語りという形で、澄み切った声と心に迫る歌唱力で歌い上げる。(参照拙ブログ「今もひそやかに唄い続ける ・・・ ~エヴァ・キャシディ~」「路傍の花、樹々の鳥 (4) ~愛鳥週間~」などなど)

これは彼女が亡くなった年、ワシントンDCにある老舗ジャズ・クラブ、「ブルース・アレイ/Blues Alley」で行ったライブ・アルバム。彼女の死後、1年後にリリースされた。

Live at Blues Alley

Eva CassidyEva Music


このアルバムは、「Live at Blues Alley」と「Eva by Heart」の2アルバムのコンピレーション盤。

Songbird

Eva Cassidy / Blix Street


どちらにも収録されている「Fields of Gold」。

「Eva Cassidy - Fields of Gold」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-04-25 16:31 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24402081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KICKS at 2015-04-26 11:45 x
こんにちは。
BBQくらいでしか炭を使う事がないので良し悪しはあまりよくわかりませんが、エヴァ・キャシディを聴きながら炭火炊きのご飯をいただくなんて最高の贅沢ですねd(^-^)。

Commented by knakano0311 at 2015-04-26 15:03
KICKS さん   いい季節になりましたね。今日も一庫公園は家族連れでいっぱいでした。お金をかけない贅沢というのもありますね。
<< 桜も雑草もたくましいなあ 10年後のアンケート >>