大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(74) ~ 薔薇の館 ~

b0102572_13582869.jpg


ウォーキングの道筋、この時期増えるのが、「薔薇の館」と呼んでもいいような家。薔薇を育てるには、大変な手間がかかると聞く。「私が込めた丹精を見て欲しい」とばかり、多くの「薔薇の館」が出現する。写真もそんなお宅の一つである。ゴージャスな美しさ、甘い薫り ・・・、やはり薔薇は花の女王である。

b0102572_1728282.jpg

「薔薇」と聞いて思い出す歌手は、「ベット・ミドラー/Bette Midler」。1945年、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身の歌手、女優。私と同じ歳の大ベテラン。シリアスもコメディもこなせる女優であり、女優としてはエミー賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞(2回)を受賞、歌手としてもグラミー賞を受賞している。

ハワイ大学で演劇を専攻するが中退。1966年、映画「ハワイ」にエキストラで初出演。そのギャラでNYに渡り、舞台女優を目指す。念願かなってブロードウェイの舞台に立つようになり、「屋根の上のバイオリン弾き」にコーラスラインとして参加。後に長女役に抜擢され3年間出演する。その後レコード・デビューし2枚のアルバムを発表。大ヒットを飛ばして1974年のグラミー賞では新人賞に輝いた。1979年の映画「ローズ」では、「ジャニス・ジョプリン/Janis Joplin」をモデルにした主人公を演じ、エネルギッシュな歌声と共に演技力も発揮して、「ゴールデン・グローブ賞」を受賞し、「アカデミー賞」にもノミネートされた。同作の主題歌、「ローズ」でグラミー賞を受賞。これを含め、生涯4度のグラミー賞を受賞するという輝かしいキャリアの持ち主。

一番のインパクトはやはり1979年の映画「ローズ」のサウンド・トラックだろうか。「ジャニス・ジョプリン」の魂が乗り移ったかのような迫真の演技と歌唱。

The Rose: The Original Soundtrack Recording

BETTE MIDLER / Atlantic / Wea



ローズ [DVD]

20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン



「The Rose - Bette Midler (歌詞字幕)」

          

「山下智久」主演のTBSの金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」の主題歌としても使われているようです。
[PR]
by knakano0311 | 2015-05-17 17:39 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24479094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 女性でなくとも ・・・ 野生といたちごっこ >>