大屋地爵士のJAZZYな生活

初摘みは孫の手で

b0102572_2271669.jpg

4月下旬に植えたミニトマトが熟してきた。ちょうど次男家族が遊びに来る日。孫娘に初摘みを手伝ってもらった。赤く熟した宝石のようなミニトマト。完熟していて、孫娘も大喜び、皆で美味しく頂いた。これに味をしめたのか、妻はミニ家庭菜園に意欲満々・・・。

b0102572_2217624.jpg

目立たない地味な花だが、「ネジバナ(捩花)」も咲きだした。別名が「モジズリ(綟摺)」。「ネジレバナ」、「ネジリバナ」、「ねじり草」と呼ばれる事もある。とてもそうとは思えないが、ラン科だそうだ。花茎の周りに螺旋状に並んで咲く「ねじれた花序」が和名の由来であるが、右巻きと左巻きの両方があり、その比率は、大体1対1であるという。(Wikipedia参照)

b0102572_15112680.jpg

地味ではあるが、人の心をほのぼのとさせてくれる歌声のおばさんシンガーは、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」。わたしは「ほっこりおばさん」と呼んでいますが ・・・。「寺島靖国」氏の「Jazz Bar 2001」の「カムズ・ラヴ/Comes Love」、「Jazz Bar 2003」の「マイアミビーチ・ルンバ/Miami Beach Rhumba」がきっかけでファンになったのだから、もう10年以上になるんですね。

1955年生まれ。オーストラリア出身のヴォーカリスト/ ピアニスト。自身のピアノにギター、ベースを加えたいわゆるドラムレスの「ナット・キング・コール/Nat King Cole」スタイルのトリオでの弾き語りがベース。1980年ごろからは、ベース奏者の兄、「デイヴィド・サイデル/David Seidel」とシドニーの高級ホテルのラウンジを拠点に活動を始めたという。デイヴィドが主宰するレーベル、「ラ・ブラーヴァ/La Brava」から1992年にファースト・アルバム、「Little Jazz Bird」をリリースし、現在に至るまで、20枚近いアルバムを発表している。2002年に日本デビューーし、その後毎年のように来日し各地でライヴを行っている。

b0102572_1724430.jpg

そんな彼女の未発表のスタンダード曲ばかりを集めたコンピレーション・アルバム、「スマイル/SMILE」がある。これまで日本で未発売となっていた「ジャネット・サイデル」の初期の6枚のアルバムから、「寺島靖国」氏が選りすぐったコンピ盤である。「チーク・トゥ・チーク」、「黒いオルフェ」、「ラヴ・レターズ」、「マイ・フーリッシュ・ハート」、「ネイチャー・ボーイ 」、「ゴールデン・イヤリングス」、「スマイル」・・・・。いずれも懐かしく、洋楽を聴き始めたころを思い出す。よくもまあ、こう私の好きな曲ばかりをてんこ盛りにしてくれたもんだ。

SMILE ~Sweet Meories~

ジャネット・サイデル/インディペンデントレーベル



ライブ盤も出ていますが、台北で2009年に行われたコンサートからタイトル曲、「Smile」。

「Janet Seidel - Smile」  

          

そのほっこりさがたまらない「I Wish You Love」。

「Janet Seidel - I Wish You Love」

          

「ジャネット・サイデル」のくつろげる歌声をもう一曲。「マイアミ・ビーチ・ルンバ/Miami Beach Rhumba」。ジャネット・ファンになってしまったきっかけの曲。この「アート・オブ・ラウンジ」シリーズ第三作目に収録。

アート・オブ・ラウンジ~マイアミ・ビーチ・ルンバ

ジャネット・サイデルインディペンデントレーベル



「Janet Seidel - Miami Beach Rhumba」
 
          
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2015-07-06 09:53 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24655833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maya653 at 2015-07-07 08:17
ほっこりおばさんwの”Smile”いいですね。
来月我々おばさんコーラスでもこの曲を歌う予定ですが
こんな感じで歌いたいものです。
Commented by knakano0311 at 2015-07-07 09:36
maya653 さん  決してバリバリのJAZZではないですが、サイデルの歌には本当に心和みます。コーラスでこんな感じが出せたらいいですね。
<< 一ヶ月早いが七夕人形を飾る 路傍の花、樹々の鳥(82) ~... >>