大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(85) ~ 日本の夏の花 ~

b0102572_16252831.jpg
b0102572_1625462.jpg
b0102572_1626066.jpg


浴衣の絵柄のモチーフなどにもよく使われている代表的な和の夏の花の顔が揃った。 「桔梗」、「向日葵」、「朝顔」 ・・・、日本の夏。

b0102572_14165517.jpg

前にも一度紹介した「坂田明」の「ひまわり」が聴きたくなった ・・・。

「坂田 明」。1945年、広島県呉市出身のジャズサックス奏者、タレント、俳優。ミジンコ研究家としても知られている。前衛的な激しいサックス演奏で知られているが、そんなことは微塵も感じさせない切々たる哀愁のアルト。

このCDの収益金は、チェルノブイリとイラクのこどもたちの医療支援に使われるという。

ひまわり

坂田明 / インディペンデントレーベル




「坂田明 - ひまわり」


          

もう一曲は故郷松本に隣接する安曇野にその歌碑が建っている「早春賦」。

「早春賦 - 坂田明」

          
 
[PR]
by knakano0311 | 2015-07-11 10:08 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24672242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by JAZZ好き団塊オヤジ at 2015-07-12 16:24 x
坂田明の「ひまわり」・・
小生もこの演奏が大好きで拙ブログでも取り上げたことがあります・・。
YouTubeでアップされては、削除される、の繰り返しで、最近は、いまや伝説の演奏となった坂田明の「ひまわり」はYouTubeでは聴く事ができなくなっていましたが、また聴く事ができるようになったのですね・・。
営利などとは、全く別次元の、単純に素敵な音楽を多くの方々に紹介したいと思っているだけですが、著作権とか色々問題もありそうで、難しいですね・・。
ではでは・・。
Commented by knakano0311 at 2015-07-12 22:38
JAZZ好き団塊オヤジ さん   正直言ってその過激な演奏ゆえ聴くことはなかったが、このアルバムだけは絶賛。これほどの思いが込められるとは ・・・。
<< 今年初めて蝉の鳴き声を聞く 森の黄色いタマゴは ・・・ >>