大屋地爵士のJAZZYな生活

真夏の一日は神戸案内人に

b0102572_17172832.jpg


三男が首都圏から帰ってきた。いわゆるUターン。8年間首都圏であるメーカー勤めをしたが、その会社にも首都圏にも馴染めなかったようで、さっさと転職先を神戸に探し、住む先も決めて8月から新天地で頑張るという。新居の確認と再就職のお祝いにと久しぶりに神戸まで出かけた。

新居を訪れ、場所を確認してから、私たち夫婦ご贔屓の旧居留地にあるレストランで昼食。そのあとは、神戸の遊び場を知っておきたいという息子のリクエストに応えて、旧居留地界隈から、ハーバーランド、ポートアイランド、神戸空港、六甲山 ・・・へと。街から海へ、そして山へと、真夏の一日は神戸案内人に。

さて神戸は日本のJAZZ発祥の地。そして、私がジャズ・ピアノ、とりわけヨーロッパのアーティストを贔屓にしていることは、このブログに何度となく書いてきた。そんなヨーロッパのジャズ・ピアニストと同じ雰囲気、美学や資質を感じる日本のジャズ・ピアニストが「大石学」である。

b0102572_2333157.jpg

1963年、横浜生まれのジャズピアノ・キーボードプレイヤー、編曲家。「ヤマハ ネム音楽院」卒業後、プロとしての活動をはじめる。「阿川泰子」、「松山千春」、「野口五郎」等のレコーディング・コンサートツアーに参加しつつキャリアを積んだという。私が知っているだけでも、「レディ・キム/Lady Kim」、「ケイコ・リー」、「伊藤君子」、「石野見幸」、「土岐麻子」などとのレコーディングやステージに、アレンジャー、歌伴として参加している。

1997年に初リーダー・アルバム「Tears Rained Down」をリリース。2002年、「イーストワークス・エンターティメント(ewe)」より、「大石学トリオ」の1st「PAITED DESERT」を発表、以後2005年までの間にトリオ名義で4枚、トータルでは7枚のアルバムをeweから発表している。 また、2010年からは、澤野工房から、かってここでも紹介したことのある、「Water Mirror」「Gift」「ETERNAL」などをリリース。

b0102572_2140298.jpg

eweからの数枚が、7月で廃盤予定と聞いたので、2006年発売の「Voyager」を入手し早速聴いてみた。澤野工房からの一連のシリーズでは、美メロ、透明感といった面が強く出ていたように感じたが、このewe時代の大石は、もっともっと疾走感やダイナミズムに溢れているように感ずる。

彼がピアノを弾くきっかけは、「本田竹広」氏と「ジョー・サンプル/Joe Sample」だったという。16才の頃、「ネイティブ・サン/Native Son」のコンサートを観、同じ頃FMで、「ジョーサンプル」のソロ、「虹の楽園」を聴き、17才の時、文化祭で「完コピ」を披露したという。故「本田竹広」氏へ捧げたタイトル曲、「ボイジャー」を含む9曲のオリジナルと、絶妙なインタープレイが冴え渡る「チャーリー・パーカー/Charles Parker」の「コンファメーション/Confirmation」を収録。ピアノに加え、ハモンド・オルガン、ピアニカを操る「大石学」。見事なインプロヴィゼーション、入魂のベースは「米木康志」。冴えるリズムを刻む「原大力」。

Voyager

大石学トリオ / ewe records



このアルバムの楽曲は残念ながらアップされていません。アルバム、「TOSCA」からタイトル曲をアップしておきます。

TOSCA

大石学 / インディペンデントレーベル



「TOSCA - 大石学」

          

出典は不明ですが、多分自宅でのプライベートな録音でしょうか。ソロを ・・・。

「Amazing Grace ~ Peace - 大石学」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-07-30 16:04 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24731809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サウダージの夏(5) ~ やは... 路傍の花、樹々の鳥(86) ~... >>