大屋地爵士のJAZZYな生活

秋を近づける雨

b0102572_15355894.jpg


晴れの日が続いたと思ったのも束の間、秋雨前線の影響とやらで降ったり病んだりの天気に逆戻り。気温は低いが、湿度が高くジメジメしている。こんな天気を繰り返しながら秋へと近づいていく ・・・。

b0102572_14592711.jpg

秋の気配が近づく雨の夜に、一人聴き込むのにぴったりなのは、「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」。「ペギー・リー/Peggy Lee」、「ドリス・デイ/Doris Day」、「ジュリー・ロンドン/Julie London」、「ジュディ・ガーランド/Judy Garland」、「パティ・ペイジ/Patti Page」 ・・・。往年の人気白人女性歌手の中で、佇まいも美貌も歌唱も、その「端正」において抜群のローズマリー。「ジュリー・ロンドン」と並んで私が好きな歌手である。

「ローズマリー・クルーニー」。1928年生まれのアメリカの歌手、女優である。幼い頃、母親は別の男と結婚し、父親も行方をくらますという悲惨な生活を経験するが、ローズマリーとベティの姉妹は、シンシナティのラジオ局のオーディションに合格し、1945年に「The Clooney Sisters」として歌手デビューを果たす。数年後、姉妹は別々に活動するようになり、ローズマリーは、21歳の時にニューヨークに渡り、メジャーのプロ歌手に。1951年に日本でもヒットした「Come On-a My House(家へおいでよ)」が、ビルボード・チャートで全米第1位となる大ヒットとなり、その後も、「Mambo Italiano(マンボ・イタリアーノ)」などの世界的な大ヒット曲を連発する。2002年にカリフォルニア州、ビバリーヒルズで肺癌により死去。74歳。俳優の「ジョージ・クルーニー/George Clooney」は甥である。

そんな彼女のピカイチ、珠玉の全編バラード集が、「Sings Ballads」(1985)。どの曲もその歌詞が、彼女の歌唱によって心に響いてくる。そしてギターの「エド・ビカート/Ed Bickert」が抜群の演奏をして、見事にサポート。パーソネルは、「スコット・ハミルトン/Scott Hamilton (tenor saxophone)」、「ウォーレン・バシェ/Warren Vache (cornet)」、「ジョン・オッド/John Oddo (piano)」、「エド・ビカート/Ed Bickert (guitar)」、「チャック・イスラエル/Chuck Israels (bass)」、「ジェイク・ハナ/Jake Hanna (drums)」。

Sings Ballads

Rosemary Clooney / Concord Records



秋を近づける雨の日の夜に ・・・。

「Rosemary Clooney - Here's That Rainy Day」

          

フルアルバムもアップされています。


「Rosemary Clooney ‎– Rosemary Clooney Sings Ballads (1985) [Full Album]」


01 Thanks For The Memory/02 Here's That Rainy Day/03 The Shadow Of Your Smile/04 A Nightingale Sang In Berkeley Square/05 Bewitched, Bothered And Bewildered/06 The Days Of Wine And Roses/07 Easy Living/08 Spring Is Here/09 Why Shouldn't I /10 It Never Entered My Mind

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-08-31 15:57 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24837391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋をいっそう近づける雨  空には秋の兆しが ・・・ >>