大屋地爵士のJAZZYな生活

秋をいっそう近づける雨 

b0102572_1091620.jpg


今日も朝から雨模様。8月に受診した定期健康診断でひっかかったところの再検査に紹介された宝塚市立病院まで出かける。地域医療に特化した総合病院で、わが町の市立病院と比べ、設備やシステムにおいて、患者との対応においても格段の差を感じた。これならば、安心できそう。とはいえ、結果は気になるところであるが ・・・。もうそれなりの歳ですから。

b0102572_2252747.jpg

今宵も、「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」を続けて聴きましょうか。彼女を聴くと、「洋楽」という言葉が、感傷とともにサウダージを掻き立てる。歳ですかね ・・・。

一枚のアルバムがある。10年ほど前に中国出張中に求めたアルバム、「Forever Girl Singer Rosemary Clooney 1928-2002」である。たしか10元か15元であったように記憶している。ライナー・ノーツもすべて中文で書かれていて、よく出所もわからない代物。2002年といえば、その年の6月に彼女はなくなっているので、彼女のトリビュート・アルバムであることはわかる。

早速ホテルに帰って、PCで再生してみた。もちろん彼女の名前は知っていたし、単発的に聴いたことはあったが、実は、これが私が「ローズマリー・クルーニー」のアルバムを聴いた初めての時であった。端正で甘く低い声にすっかり魅せられしまった。昔、中学生の頃、洋楽を初めて聴いた感じの感覚が蘇った。

b0102572_1652199.jpg

「ローズマリー・クルーニー」。1928年生まれ。2002年にカリフォルニア州、ビバリーヒルズで肺癌により死去。74歳。妹と1945年に「The Clooney Sisters」として歌手デビューしてから、56年にも及ぶ長き歌手人生であった。(参照拙ブログ「秋を近づける雨」

このブログを書き出してから、アルバム、「Forever Girl Singer Rosemary Clooney 1928-2002」について調べたが、正式にはリリースされていないようだ。どうも彼女をトリビュートする中国、台湾あたりがお得意のブート盤かもしれない。しかし驚いたことに、このアルバム全曲がgoogleにアップされていました。下記をクリックしてお楽しみください。

「Forever Girl Singer Rosemary Clooney 1928-2002」

01. The way we were/02. Danny boy/03. Sweet Kentucky ham/04. Do you know what it means to Miss New Orleans/05. Mambo Italiano/06. They can't take that away from me/07. The glory of love/08. As time goes by/09. Brazil/10. Bewitched bothered and bewildered/11. Corcovado(quiet nights)/12. Waters of March(duet vocal with John Pizzarelli)/13. Lullaby of Broadway/14. I'm beginning to see the light/15. Still crazy after these years/16. Autumn in New York/17. White Christmas/18. Always

彼女がなくなって20年以上経つが、彼女が忘れられない人たちによってHPが、いまも設けられている。「Official Website Welcome to The Rosemary Clooney Palladium」

そして、彼女の死後、いくつものトリビュート盤、ベスト盤がリリースされていますので、あげておきましょうか。まずは、「Jazz Singer」(2003)。どちらかというと「ジャズ歌手」とは言えない彼女のアルバムに、「Jazz Singer」というタイトルをつけたところに、プロデューサーのこだわりや意気込みを感じます。

Jazz Singer

Rosemary Clooney / Sbme Special Mkts.



いろんな有名バンドやアーティストと共演していますが、こちらは「ベニー・グッドマン/Benny Goodman」と ・・・。

「Rosemary Clooney & Benny Goodman - Memories of you」

          

そして、「ラヴ・ソングス/Love Songs」(2004)。吹き込み時期は1950〜57年というから、彼女が22歳から29歳くらい。多分一番輝いていた時期でしょう。「パーシー・フェイス楽団/Percy Faith & His Orchestra」をバックに歌う「テンダリー/Tenderly」なんて最高ですね。

Love Songs

Rosemary Clooney / Sony



「Rosemary Clooney - Tenderly」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-09-01 15:33 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24840382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 60歳過ぎたら聴きたい歌 (9... 秋を近づける雨 >>