大屋地爵士のJAZZYな生活

何年か後には ・・・

b0102572_16563057.jpg


小学校の校庭の片隅。「キバナコスモス(黄花秋桜)」の後を追うように、並んで「コスモス(秋桜)」が咲きだした。その傍らには生徒たちが育てている「ピーマン」や「シシトウ、シシトウガラシ(獅子唐辛子)」、「ミニトマト」などもある。モノを育てる苦労や収穫の喜びを少しでも感じてもらえれば ・・・

b0102572_13135884.jpg


近づいた運動会の練習をしている。少子化の影響で練習している子も息子たちの頃と違い、めっきり少なくなった。1学年2クラス編成がやっとという。団地に二つある小学校の統合化も数年先に実施されるという。少子化の影響が現実味を帯び、実感となって迫ってきた。あと何年ウォーキングの途中で、いつも和まされてきた子供たちの元気な光景が見られるのだろうか ・・・。時代の流れとは言え、日本にとっては「人が財(たから)、子供が財」。日本の将来に大きな不安が迫っていることを実感せざるを得ない。

イージー・リスニング? いやいや、スムース・ジャズ? いやいや、和みのJAZZコンピ・アルバムから ・・・。「Jazz For Those Peaceful Moments」。サクソフォン奏者、「ソニー・スティット/Sonny Stitt」の「I'll Be Seeing You」、「At Last」、トランペッター、「ウッディ・ショウ/Woody Shaw」の「It Might As Well Be Spring」、ピアニスト、「レッド・ガーランド/Red Garland」の「My Old Flame」などがリラックスして聴けます。

JAZZ FOR THOSE PEACEFUL MOMENTS

オムニバス / コロムビアミュージックエンタテインメント



1枚組の方のアルバムがフルでアップされていました。

「Jazz For Those Peaceful Moments」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-09-20 18:06 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/24900836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< じっとこっちを窺うのは ・・・ 土砂降りの雨の中でエドヒガンを... >>