大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(97) ~ 青空に映える秋の花 ~

b0102572_23253265.jpg


青空に紫色の「メキシカン・セージ/Mexican sage」がよく映えている。この花は秋が深まり、日差しが短くなったなと思う頃に花を開く。 茎先に10~30センチくらいの穂状の花序(柄のない花を斜めに出し、唇形の花をつける。原産地はその名の通り、北米から中南米にかけた一帯だそうだ。ハーブの一種だが、葉を利用するよりは、もっぱら観賞用として楽しむことが多い。この花もまた秋ならばこその青空に映える花。

「セージ」といえばこんな歌がありましたね。「スカボロー・フェア/Scarborough Fair」。

「♪ Are you going to Scarborough Fair?    スカーバラの市へ行くのかい?
   Parsley, sage, rosemary and thyme,   パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
   Remember me to one who lives there, そこに住む女性に私を思い出すよう言ってくれ、
   For she once was a true love of mine.   彼女はかつて私の恋人だったから
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

「スカボロー・フェア(スカーバラの市、Scarborough Fair)」、この歌は、元々はイギリスの伝統的バラードであるという。中世末期、当時ヨークシャー地方の北海沿岸の町、スカーバラはイギリス中の商人の重要な交易拠点だった。そこには道化師や手品師が集い、8月15日からは45日間の巨大な長期間の市が行われ、イギリス中や大陸から人々が交易のためにスカーバラへ集まったという。これがタイトルになっているのが、この歌、「Scarborough Fair(スカーバラの市)」である。「サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel」によって、一躍有名になった歌。

卒業-オリジナル・サウンドトラック

サイモン&ガーファンクル / Sony Music Direct



今宵は、「カーリー・サイモン/Carly Simon」の歌唱で聴いていただきましょうか。

b0102572_239168.jpg

「カーリー・サイモン」。1945年生まれ。私とほぼ同じ。ニューヨーク出身で、裕福な家庭の子女として育った。1964年に姉のルーシーとフォーク・デュオの「サイモン・シスターズ/The Simon Sisters」を結成し、1971年にはソロ・デビューを果たし、その「幸福のノクターン/That's The Way I've Always Heard It Should Be」がヒットし、同年のグラミー賞最優秀新人賞を受賞した。「ミック・ジャガー/Mick Jagger」などとも噂があったと記憶しているが、1972年には、「ジェームス・テイラー/James Taylor」と結婚し、2児をもうけたが、1983年に離婚。結構起伏のある人生を送っているようだ。

1989年には映画「ワーキング・ガール/Working Girl」の主題歌「ステップ・バイ・ステップ/Let the River Run」でアカデミー歌曲賞を受賞している。2005年にスタンダードのカバー集、「ムーンライト・セレナーデ(Moonlight Serenade)」(2005年)が全米7位を記録、そのあとも、「イントゥ・ホワイト/Into White(2007年)」、「ディス・カインド・オブ・ラヴ/This Kind of Love」(2008年)、「Never Been Gone」(2009年)と立て続けにリリースされるなど、まだまだ健在。

「スカボロー・フェア」は、その「Into White」から。すっかり成熟した大人になったカーリー。「ジェイムス・テイラー」との間にもうけたベン、サリーという二人の子どもも参加し、「ユーア・マイ・サンシャイン」、「オーバー・ザ・レインボー」、「マイ・ボニー」などのアメリカン・スタンダードと家族愛にあふれるアルバムを作り上げた。録音もプライベート・スタジオだったという。

Into White

Carly Simon / Sbme Special Mkts.



「Carly Simon - Scarborough Fair」

          

表題曲の「Into White」も ・・・。

「Carly Simon - Into White」

          

「Quiet Evening」。このビデオは彼女の自宅で撮影されたそうだ。

「Carly Simon - Quiet Evening」

          

こんなに切ない「You Are My Sunshine」は初めて聴いた。

「You Are My Sunshine - Carly Simon & Ben Taylor」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-10-31 09:06 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25024218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maya653 at 2015-10-31 10:43
いいですね~Carly Simon
Scarborough Fairつい一緒に口ずさんでしまいました。
You Are My Sunshineは恋人が去っていくのを悲しむ歌なので
明るく歌ってはいけないのかもしれないですね。
Commented by knakano0311 at 2015-10-31 11:11
maya653 さん  POPS歌手のなかでご贔屓の一人がカーリー・サイモン。かってのイケイケ娘の面影はなく、すっかり落ち着いてこんな素敵なアルバムをリリースしてます。前作のスタンダード集、ムーンライト・セレナーデもオススメ。
<< 里山のまつりも気がつけば10年目 色づき始めた紅葉、そしてちょっ... >>