大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(99) ~ 花水木はルビー色の実をつける ~

b0102572_17591391.jpg


花水木通りのウォーキング。道筋にはルビー色の宝石のような実がいっぱい。秋本番 ・・・。

b0102572_1795282.jpg


こちらは遊びの山のルビー。これは、「サンシュユ/山茱萸」の実 ・・・。

さて、今宵はリラックスしてお遊びに ・・・。全編ウィスパー系のセクシーな女性ボーカルでいっぱいのアルバム、「Bossa n´ Stones」を引っ張り出してきました。目的は、そう、「ルビー・チューズディ/Ruby Tuesday」。フェイク・ボッサの最たるアルバム。講釈は一切必要ありませんね。

Bossa n' Stones: The Electro-Bossa Songbook of the Rolling Stones

Various Artists / Warner




「Bossa n´ Stones - Ruby Tuesday」


          

日本で知られるようになる前の「カレン・ソウザ/Karen Souza」も歌っています。

「WILD HORSES - KAREN SOUZA」

          

そうそう、ルビーに因むこんな曲も上げておきましょう。「寺尾聰」の「ルビーの指環」。アルバムは、「Re-Cool Reflections」(2006)から。このアルバムは、1981年に発表したアルバム、「Reflections」を曲も曲順も全く同じで、当時のメンバーやLAミュージシャンらと再録音して発表したもの。JAZZYなアレンジが聴きものになっている。

Re-Cool Reflections

寺尾聰 / A&A



「寺尾聰 - Re-Cool ルビーの指環」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-11-07 09:38 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25024267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 炭焼きへ始動開始! 路傍の花、樹々の鳥(98) ~... >>