大屋地爵士のJAZZYな生活

やはり今年は開花が早いようだ

b0102572_14115560.jpg


炭焼きに追われ、しばらく日課のウォーキングを休まざるを得なかったが、一段落つき久しぶりに歩いてみると、「やはり ・・・」というか、梅の花が咲き始めていた。今年は開花がすこし早いようだ。これも、暖冬の影響でしょうか。

早いもので2月6日は母の一周忌。家族の大半が関西に住んでいるし、この厳寒、雪の季節ということもあって、松本では行わず、回向は菩提寺にお願いし、我が家の近くで家族が集まって供養の膳を囲んだ。久しぶりに全員が顔を揃え、和気あいあいのうちに一周忌の供養を終えることができた。いい供養になったと思う。コートもいらないような暖かな一日で、一気に春が近づく気配。この春は長男の結婚という慶事が待っている。

b0102572_20591967.jpg

さて、今宵も「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」。「Nightbird」からいくつか。前回取り上げたように、今年は、彼女の死の10ヵ月前となる1996年の1月3日に行った、ファンにとっては歴史的とも言えるワシントンDCにあるジャズ・クラブ、「ブルース・アレイ/Blues Alley」でのライブから20年、すなわち彼女の死後20年である。あの「ブルース・アレイ」でのライブを収録したアルバム、「Live At Blues Alley」には収められなかった12曲を追加し、全曲を完全収録してリリースされたアルバムが、「Nightbird」。ジャズ・スタンダードをメインに、ソウル、ロック/ポップス、フォーク、シャンソンといったあらゆるジャンルの名曲をパワフルでいまだに色褪せないピュアーな歌声で歌い上げる。伝説の「Songbird」、最後の記録、「Nightbird」。

Nightbird

Eva Cassidy / Imports



「Eva Cassidy - You've Changed」

          

「Eva Cassidy - Blue Skies」

          


「Eva Cassidy - Time After Time」


          
[PR]
by knakano0311 | 2016-02-07 10:36 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25329613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KICKS at 2016-02-07 22:59 x
こんばんは&お疲れ様です。

賑やかな一周忌、お母さまも喜んでおられるでしょうね。

エヴァ・キャシディの作品は、カロリーナ・コストナーやミシェル・クワン等、フィギュアスケートでよく聴きますね。

天使の歌声が彼女達のココロを捕らえるのかも知れませんねd(^-^)。
<< 路傍の花、樹々の鳥(105) ... 再生を願って >>