大屋地爵士のJAZZYな生活

もう若葉が ・・・

b0102572_14343886.jpg
b0102572_14345363.jpg
b0102572_14365360.jpg

一昨年の6月、遊びの山で採取した「エドヒガン(江戸彼岸)」の種をプランターへ直播きして、昨年春に芽が出たものを山に返そうと、実生苗として育てていることは、このブログでも紹介した。(拙ブログ「冬を乗り越えて」参照)

2月の下旬に、右下の写真のように、厳しい冬を乗り切り、「芽吹き始めたな」と思ってから2週間ちょっと。もう初々しいが立派な葉が出始めた。こんな急速な変化を感じられるのも春。育てる喜びを感じられるのも春である。

そして、「フリージア(Freesia)」も ・・・。和名は「アサギスイセン(浅黄水仙)」、「コウセツラン(香雪蘭)」。「サンシュユ(山茱萸)」とは対照的に、目線を低い方へと可憐な黄色で惹きつける。

b0102572_1519219.jpg


b0102572_13585018.jpg

さて、今宵はサックス。小さき花がタイトルの曲を2曲。まずはその昔、「ザ・ピーナッツ」のデビュー曲でヒットした「小さな花」。この時は「可愛い花」というタイトルでしたが ・・・。その原曲で、フランスのシャンソン。原題は「Petite Fleur」。それを、かっては前衛ジャズ、フリー・ジャズの旗手とならした、「アーチー・シェップ/Archie Shepp」の演奏というミスマッチングな取り合わせから。

「アーチー・シェップ」。1937年、アメリカのフロリダ州出身のサックス奏者である。アフリカ音楽に影響を受けたフリー・ジャズの代表的なミュージシャンである。

アルバムは、ヴィーナスレコードの企画シリーズ、3部作の一枚、「Deja Vu/邦題:フレンチ・バラッズ」(2003年)から。フリー・ジャズ色を抑えながらも、思い切りブローしている「アーチー・シェップ」を絶妙のサポートするのは、「ハロルド・メイバーン/Harold Mabern - Piano」、「ジョージ・ムラツ/George Mraz - Bass」、「ビリー・ドラモンド/Billy Drummond - Drums」。

フレンチ・バラッズ (紙ジャケット仕様)

アーチー・シェップ・カルテット / ヴィーナスレコード




「Petite Fleur - Archie Shepp Quartet」


          

b0102572_1475499.jpg

そして、フュージョン・サックスの雄、「デヴィッド・サンボーン/David Sanborn」は、「Little Flower」。アルバムは、「Timeagain」(2003年)。

「デイヴィッド・サンボーン」。1945年、アメリカ・フロリダ州生まれ。子供の頃、セントルイスに移る。幼少より小児麻痺にかかり、医師の勧めでリハビリを兼ねてサックスをやり始め、ブルースやジャズに影響され才覚を育てたという。やがて、ジャズ・フュージョン界で活躍するようになったが、ユニークで渋みのあるファンキーなプレイが特徴。歌うように奏でるその音色は「泣きのサンボーン」とも呼ばれる。

Timeagain

David Sanborn / Verve



「Little Flower - David Sanborn」 

         
 
[PR]
by knakano0311 | 2016-03-15 09:40 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25501456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2016-03-16 20:16
主なき庭にも春がくる。
昨年の春でしたね、黄色い花が目に残っています。
我が家の義父、義母と実母、2月、3月、4月が命日です。
黄色い花は私の思い出の花。
Commented by knakano0311 at 2016-03-17 09:45
reikogogogo さん ありがとうございます。早いもので一周忌を終えました。 母の好きだった花の一つがサンシュユ。思い出します。
<< 路傍の花、樹々の鳥(109) ... 一気に咲いた庭の椿、そして今 ・・・ >>