大屋地爵士のJAZZYな生活

春の速度を感じるのは

b0102572_18223296.jpg
b0102572_2123416.jpgb0102572_2125039.jpg

庭で育てている「エドヒガン(江戸彼岸)」の実生苗が、日を追うごとに成長している。一昨年の6月、遊びの山で採取した種をプランターへ直播きして、実生苗として育てている苗である。やがて無事に成長したら山に返そうと思っている。

ところで、「春の速度」って、皆さんは何で実感するのでします? 桜前線の北上?チューリップの葉の伸び具合? 私は、「エドヒガン」の実生苗の成長のスピード。一番上の写真が、直近の3月23日の状態。一人前にしっかりと葉が茂り出している。中段が、葉が出始めたころの3月14日の状態。そして下段が、冬を乗り越えて、新芽が顔を出した、2月下旬、2月22日に撮影した苗の状態である。

前回トライした育苗は、やっと冬を越して芽を出した途端に、霜にやられて全滅させてしまった苦い経験がある。今回は同じ轍は踏むまいと、慎重に育てた結果、2年目の今年、嬉しいことに、1年目の冬を越した30数鉢、枯れずに全てが順調に育っている。まさに「春の速度」と植物の生命力を実感できる瞬間。 (参照拙ブログ「もう若葉が ・・・ 」「冬を乗り越えて」

「エドヒガン」の寿命は、数百年とも千年とも言われている。日本全国にある長寿の名物桜は、ほとんどが「エドヒガン」だと言われている。この苗も山に帰って、いつか大きな桜の森に育つ事を願っている。

そんな願いを込めて、「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ/European Jazz Trio」の「ノルウェイの森」を聴いてみましょうか。「ビートルズ」ナンバーとしておなじみですね。アルバムは、「ファンタジスタ/Fantasista」から。

ファンタジスタ

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ / M&I



「Norwegian Wood - European Jazz Trio」

          
 


 
[PR]
by knakano0311 | 2016-03-26 18:21 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oyajijazz.exblog.jp/tb/25559886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春色の山里を歩く(1) さくら階段を登って >>